ARCHIVES / ARTICLE

NEWS

帰り道、頭の中の美術展〜Hirofumi Abe / The Writing of Papers

2022.02.06

IMG_1541

頭の中の美術展

頭の中の美術展〜阿部寛文の展示をめぐって。

美術鑑賞の楽しみの半分、それは帰り道である。自宅を目指して歩いていく。冬ならば足早になる。頭の中には展示の思い出。もう目の前に作品はない。あるのは心のイメージだけ。それが動く背景を頭に取り入れながら反芻していく未来に。そこから作品について考えていく。心の中で自分と作品が重なっていく。この頭の中の融合作業も美術の楽しみだと僕は思う。

ベルリン在住の阿部寛文の展示会が、札幌大通のはじっこにある「古道具 十一月」にて開催された。

中に入り、右にまがるとすぐ作品が目に入る。印象。作品は刺激的で、同時になんと静かなだろう。もう、ここに30年いや300年か?くらいあったように感じられる。会場が映画の場面のように静かに呼吸している。思わず遠巻きに後ろに下がる。

作品に近づく。呼吸にあたらないように。ドローイングの中にあるたしかな「生の記憶」。見るごとに作品自体が変化するように、僕に話しかけるような感じる。それはあくまで控えめに。「今日はどうでした?」というように。

展示の場所もいい。これがホワイトキューブだと印象がたいぶ変わっただろう。それがナシとは思わないが「十一月」に展示することによって、作品は会場の雰囲気と一緒に記憶されるものになった。

だから。僕は帰り道作品と一緒に会場の「十一月」もまとめて思い出す。映画のシーンのように、誰かとの思い出のように。そして、気持ちよく若さと成熟の同居を考える。

僕は氷で滑らないように気をつけながら、この空間でずっと居る自分を想像した。そして地面に目を下ろすと氷の半透明に中にある何かと重なった。

やはり、美術展は帰り道も楽しい。

Hirofumi Abe exhibition
The Writing of Papers /「紙が書く」
期間:2022.1.27-1.30
会場:古道具「十一月」(南2西8)

https://abehirofumi.com/

Hirofumi Abe exhibition
The Writing of Papers  /「紙が書く」
期間:2022.1.27-1.30
会場:古道具「十一月」(南2西8)

https://abehirofumi.com/

 ishikawa

Text by  メディア・プランナー  石 川 伸 一 (NUMERO DEUX) Facebook / Twitter  

NEWS

楽園のある時、僕は。

2022.02.06

pusan

名画を勘ぐる。
死と楽園

近道をしたかった。夜のビルの間を歩いていると暗闇から「ラクにしてやるよ」なんていわれたら。怖い。気持ちが飛んでいく。

楽園とは何だろう。「楽」とつくのだから、ラクなとこだろう。

本作をはじめて見たときは、名作絵画なんだろうなぁ、と思った。プッサンって、アカデミックだなぁ、新古典主義ダビッドみたいな?という気分となった。何度も見ると、どうも違う。記念碑のような写真感がない。絵としての完成度のほかにどこか魅力がある。

ただし「これは宣伝です」とクレジットが入る感じではない。なんとも不思議に飽きないし、宗教的でもない。ポイントなんとも気持ちの良さも感じさせる人物の構成力だろう。

そして、それぞれのキャラクター。ポーズを決めたり、困った顔をしたり。冷静だったり。なんとも人生の喜怒哀楽ともいえる。背景の無国籍感は逆にヌケが良く気持ちいい。清々しい。

古典指向もありつつバロック的鋭さもある。というのはお値打ちな作品である。本作は楽園(アルカディア)にも死があることに困惑する牧人たち、すなわち「人は死ぬ」ということを表現している解釈らしい。

僕はまだビルの間を歩いていく。楽になったかどうかはわからない。ただ、前にある光を目指して
歩くだけ。最初にもどる。

作品データー
「アルカディアの牧人たち」(1639年)
ニコラ・プッサン
ルーブル美術館(フランス)

 ishikawa
Text by  メディア・プランナー  石 川 伸 一 (NUMERO DEUX) Facebook / Twitter  

NEWS

植物を想う時、スワッグをみながら。

2022.01.16

b1

取材〜植物を想う時、スワッグをみながら。
〜スワッグつくりのワークショップ開催! in CAFE blue

心の中の植物園は、ビニールハウスなのか?
隣人の草むしりを引き受けたことがある、雑草を引き抜き、一箇所にあつめる作業は楽しかった。でも、すっきりした空間は短かった。なぜか。

2〜3ヶ月のうちに再び雑草でいっぱいになった。でも、別に損した気持ちにもならなかった。抜く都合も、発芽する都合もそれぞれだ。それに、植物と僕はそれによって交流できた気がした。

スワッグを知っているだろうか?これは乾燥しても鑑賞できる花束のことだ。飾る時は花瓶を使わず束ねて花を下方向にして吊るして楽しむものだ。

最近は花屋さんだけではなく、雑貨店でもみかけることがある。自然にドライフラワーになっていくのが興味深く、家のインテリアとして魅力的だ。おすすめです。壁面に吊るして楽しむ。カーテンレースにもつけやすい。

それを作るワークショップが開催された。主催したのは、市内の生花店FLOWER LAB.MARIE。会場はカフェ、CAFE blueである。このカフェは、ビーガン対応のおいしい食事や、アート展示、音楽イベントもおこなう、クリエイティヴなカフェである。

参加者は用意された素材をもとに、各々自由に「束ねて」SWAGを作っていく。奥の深さは同じかもしれないが、フラワーアレジメントよりスワッグはハードルが低く、気軽に楽しめるのではないのだろうか。

工夫すれば、クリスマスや、お正月の飾りすることもできる。そして、家のどんなインテリアにも馴染みやすいと思う。そして、長く楽しめる。良いことづくめ。

僕の自宅にスワッグはある。それが目に入るたびに、なぜか最初に書いた草むしりのことを思い出す。なぜかといえば、実は僕は自分が思っているより植物が好きなのかもしれない。心の中にもビニールハウスを作ってみようか。そこに雑草のスワッグを吊るすのだ。そんなことを夢想する。

b2

 ishikawa
Text by  メディア・プランナー  石 川 伸 一 (NUMERO DEUX) Facebook / Twitter  

«...345...10...»
ARTICLE

CATEGORY

LATEST ENTRIES

ARCHIVES

CLASSIC CONTENTS

website design by shie sato

SAPPORO ART & DESIGN MAGAZINE NUMERO DEUX 札幌 アート&デザインマガジン ニュメロデュー

copyright @ NUMERO DEUX allrights reserved.
top