ARCHIVES / ARTICLE

REVIEW

NEWS No.180102「PARKERパーカー JOTTER フライター シャープ・ペンシル(0.5mm)」

2018.01.10

IMG_8616

「書く」のと「入力」することは、
内容に影響を与えるのか?

お正月休みは静かに終わる。まるで、雨の日の涙のように…みなさまおかがお過ごしでしたでしょうか??僕はぼんやり過ごしました。おそこから、がんばって記事を書いてみました。

デジタル時代の今ですが、ここ10年くらいは、アナログな文房具も再評価されている気がします。

今でも手帳売場は文房店にとってはシーズンにはいい時期に置かれてますし「ほぼ日手帳」というヒット作もあります。モールスキン等の紙ノートやロディアのメモ帳も人気です。

こうしたアナログ文房具の存在は、デジタル時代でも、まだまだ大丈夫かなと思ってます。という訳で、今年は時々、僕のおすすめ文房具を思いつくまま紹介していきたいと思います。それも、インターネット通販で入手できるものにします。

ネット時代になって良かったな、と思うのは高級文房具が、いろいろ選べて、しかも安いということです。今、まちの文房具専門店がなくなっていくし、スーパー等の文房具店では、物足りない僕には嬉しいことです。

さて、今回は、シャープペンシルをひとつ紹介しましょう。一般的には高級感があるのは製図用が多いですね。それはそれで、大変魅力的なのですが、クリエイティブな現場ではともかく、通常のビジネスシーンや、かちっとしたプライベート、つまり簡単にいえば「スーツ」を来ているの場面では少し合わない…という時に、値段も手頃で、存在感のいいものを紹介します。実はシャープペンシルというのが難しい。ボールペンや万年筆のほうが選択肢がある。

おすすめるのが「PARKERパーカー JOTTER フライター シャープ・ペンシル」です。パーカーはイギリスの会社で、世界的に代表的な筆記具ブランドにひとつです。その中で本シャープは1000円程度でネット通販で入手できます。

全体が金属製ですが、細いので重くありません。シンプルなデザインに、クリップ部分がパーカーのマークになっているのが良いアクセント。これなら、普通のビジネスシーンや、スーツを着るようなプライベートに違和感のないものです。

お役に立てば幸いです。
 

ishikawa

Text by  メディア・リサーチャー石 川 伸 一 (NUMERO DEUX)

 

 

NEWS

NEWS No.180101「500m美術館がみた札幌国際芸術祭2017」

2018.01.07

500mm

芸術祭を成功させるには、
「芸術祭がやっていない期間」が大事だと思う。

タイトルどおりことを僕はいつも思っています。僕は他の「お祭り」はわかりませんが、芸術祭については、やや極論ですが芸術祭の直前でもない「芸術祭がやっていない期間」が一番大事だと思うのですよ。

これは単純に「芸術祭広報をがんばる」ということと少し違う。ただ単に「芸術祭がある」ということを知らせるのでは足りなくて、札幌に住む人や会社が「芸術祭」っていいな、という「近づく気持」を作り出すことなんです。凄く難しいと思います。「アート」だから。

アートとは時代とともに変化していくものですし、知識も必要になる分野です。そして、決して趣味や仕事ではない限りアートは決して日常的なものでもない。でもね、別に札幌市民がみんなアートの専門家になれ、ということではないのです。ただ「札幌はアートのまちだよね」ということを市民が基本認識してもらうことなんです。

僕は昨年の札幌国際芸術祭で、大通やススキノエリアの商業ビルの空間をつかって展示をしたことが、とても素晴らしく「札幌らしい」と思った。札幌は、郊外のモエレ沼公園や、芸術の森は国内でも有数のアートスポットだと思うけど。やっぱり中央区中心部のテレビ塔、大通公園があり、北最大の繁華街すすきのがくっついた「地方都市」の姿が札幌だと思うのですよ。

だから、次回もメインはかならずこのエリアの展示を重視して欲しい。同時に、このエリアで「芸術祭ではない期間」でも小規模でいいから「まちの中のアート展示」をやって欲しい。もちろん「500mm美術館」は、まちの中のアート展示として素晴らしい。これをもっと拡張して欲しい。すすきの駅や、西11丁目駅でもやってほしい。

また、市役所や区役所の市民が一番利用する場所に、常にアート展示があるような状態をつくれないだろうか。また、クロスホテルやグランドホテルがやっているようなロビーでのアート展示が、もっと市内のホテル等の宿泊施設で常設できないだろうか。きちんとキュレーションされた作品が1〜2点でもロビー等に常設であれば、それは「札幌=アートのまち」という印象を残せると思うのだ。

500m美術館では、昨年の札幌国際芸術祭2017を振り返る展示がおこなされている。その内容は、ふたつある。ひとつは参加アーティストが描いたスケッチ、プランドローイング、 模型、作品の一部や作品制作の過程を紹介。もうひとつは、写真で、各会場の作品展示やプロジェクト、イベントなどを展示。芸術祭の先駆けとなった札幌ビエンナーレ・プレや札幌国際芸術祭2014のアーカイブ、北海道美術史年表なども展示されている。

本展示、札幌というまちの「芸術祭をやっていない」期間の素晴らしい広報活動だと思う。地下鉄構内にある本展示を道ゆく人がこれらを見て「今札幌はアートをがんばっているんだ」ということを一人でも多くわかってもらう機会だと思う。それは、次回の芸術祭の成功につながるカギになると思うのだ。

ishikawa

Text by  メディアリサーチャー石 川 伸 一 (NUMERO DEUX)

「500m美術館がみた札幌国際芸術祭2017」
会期:会期 : 2017年11月3日(金)〜2018年1月16日(火)
会場:500m美術館(地下鉄大通駅と地下鉄東西線バスセンター前駅間の地下コンコース内)

 

 

NEWS

NEWS No.17061-7「MACHINAKA ART-X_edition vol.26「超日本」展 」

2017.12.30

sjapan

年末年始。日本の伝統アートの持つ強さ、
知ってみよう。

ネットを楽しみ、コンビニエンスストアの前を通る日常。その中ではどうも「日本の伝統文化芸術」は意識しづらい。でも年末年始はなんとなくそれを感じる時期ではないか。

仕事納めの後から、三が日のぼんやりとした時間。そこで思うのは「日本の伝統文化芸術」は、想像以上に海外に評価されている日本の「資産」ということだ。でも、それを意識することは少ない。どちらかとえば、自動車や電気製品、IT企業等などの「モノ(技術)づくり」の国という印象ではないか。たしかにコミックやアニメーションを中心としたポップ・カルチャーが海外で受けている、という断片的な情報を耳にする。また、京都は外国人から人気が高い、ということも。でも、僕達はどこかピンときていないのではないか。

本展示はJR札幌駅から近い「クロスホテル札幌」と「クラークギャラリー+SHIFT」の共同企画。その内容は書、盆栽、漆、日本画、浮世絵、枯山水など「日本の伝統文化」をモチーフにした現代アート作品を、ホテルのロビー、ラウンジに展示。無料で誰でも自由に観ることができる。これは、僕が最初に書いたことと関連してとても興味深い内容。なぜなら、これは日本の現代アートの最前線であり、同時に日本の「伝統文化」とリンクしていることだ。

芸術は「点」ではない。「線」なのである。日本で起こっている文化や芸術に関するすべては、過去のどこかにつながっていて、未来にもつながる。本展示には「日本」が日本を「超える」ための
新しいアートのカタチがわかりやすく展示(提案)されている。年末年始という僕達が一番「日本」を感じる今の時期、足を運んでみてはどうだろうか。

ishikawa

Text by  メディアリサーチャー石 川 伸 一 (NUMERO DEUX)

MACHINAKA ART-X_edition vol.26「超日本」展
会期:2017年10月4日(水)〜2018年1月14日(日)
会場:クロスホテル札幌  ロビー(北2西2 )

 

 

«...91011...20...»
ARTICLE

CATEGORY

LATEST ENTRIES

ARCHIVES

CLASSIC CONTENTS

website design by shie sato

SAPPORO ART & DESIGN MAGAZINE NUMERO DEUX 札幌 アート&デザインマガジン ニュメロデュー

copyright @ NUMERO DEUX allrights reserved.
top