ARCHIVES / ARTICLE

NEWS

NEWS No.17015-8「テラダモケイ+ TERADAMOKEIの現在展」

2017.03.04

テラダモケイ+ TERADAMOKEIの現在展

自分を「面」として、考えるのは難しい。1日のほとんどの時間、自分を「点」として考える。そう、自分は点だと思う。それを繰り返す訳だから、自分は点と思い込む。ただ、時々自分は「面」だと感じる時がある。それは自分を俯瞰して見られる時だと思う。そのきっかけとして、僕は「模型」づくりがあると思うのだ。唐突な発想かもしれないが。

僕が小学生から中学生くらいまでは模型、いわゆるプラモデルをよく作っていた。今のマルチメディア・ゲーム機ぐらい一般的な遊びだった。もちろん、当時は自分が点だとか面だとか小難しいことを考えて作っていた訳ではない。ただ、楽しかった。その気持ちを今、ふるかえると模型を作ることは「世界」を作る(触れる)こと。それが、楽しかったと思う。例えば、飛行機という実際に存在する高度なメカニックを、模型という形で自分で作る。そして、それが実際に活躍するところ想像する。そこに大きな内面の充実があったし、社会という「面」に対して自分がつながりがあるうに感じられた。

模型、そこから生まれるミニチュアの世界。なんとも魅力的だ。自分が小人の国に来たガリバーのような気分、または自分がその模型の「世界」を自分がつくりあげたクリエイターのような気分。それは自分が「点」ではなく「面」として世界に接することができる。

テラダモケイの作り出す模型はユニーク。それはさまざな「場面」を模型にして販売している。はじまりは、自分たちの設計事務所でお客さんに説明するために模型(建築物などの)に添えるアクセサリーとして制作していたという。それを展覧会に出品したところ、反響は大きかったため販売。魅力的でユーモアのあるラインナップが充実。もとは建築業界のツールだが、建築関係以外の方が買い求めることが多いという。

わざわざ未完成なものを購入する「模型」という趣味。それには、一人で淡々とおこなう作業というイメージだけど、実は内面を通じて世界とコミニュケーションしている。だから、模型づくりは楽しいのだ。

ishikawa

Text by
アート・メディアライター  石 川 伸 一 (NUMERO DEUX)

「テラダモケイ+ TERADAMOKEIの現在展」
会期:2017年1月26日(木)~3月7日(火)
会場:グランビスタギャラリー サッポロ(札幌グランドホテル1F)

 

 

NEWS

NEWS No.17014-7「道都大学美術学部『卒展+2017』」

2017.02.25

道都大学美術学部『卒展+2017』

卒業制作とは、どんな気持で作るのだろうか?

卒論も書かないで、フラットなままで社会に出た自分。今考えると書けば良かったと思う。でも、タイムマシンで今の記憶を失って戻る。そうすると、やっぱり卒論は書かなかったと思う。いや、書けなかったというべきか。その時の僕は、良く言えば吸収ばかりしていた。悪くいえばどこまでも受け身であったのだ。毎日はゆっくり流れていって、本を読んで、レコード店に開店直後に行く。夜は遠かった。来週はもっと遠かった。

道都大学美術学部の卒業制作展を観る。作品を観ながら、僕が考えるのは作品のクオリティというよりも、僕は本テキストの最初に書いた部分。つまり、作品を作った学生の気持はどんな立ち位置なのだろうか?という、まったく余計な詮索である。

卒業する、という点をどう捉えているのか。今回の制作がひとつの人生の区切りと考えるのか、今の日常の延長と考えるのか、僕のようにそこまで深く考えていないのか、そんな心情を想像しながら作品を見ていく。学生の展示はそんな楽しみ方が僕は好きだ。

なぜなら、いろいろな気持ちで作品を作る。それはまさに学生の特権なのだから。そして、どんな気持ちでも、今の段階では正解、不正解はわからないのだから。

ishikawa

Text by
アート・メディアライター  石 川 伸 一 (NUMERO DEUX)

「道都大学美術学部『卒展+2017』」
会期:2017年1月31日(火)~2月5日(日) A室 10:30-06:30
会場:大丸藤井セントラル7Fスカイホール

 

 

NEWS

NEWS No.17013-6「加賀城匡貴『お~、あ~、へ~』展」

2017.02.19

加賀城匡貴「お~、あ~、へ~」

 

僕が小学生の頃。西暦2000年というのは、すごく未来感があった。スタンリーキューブリックの映画「2001年宇宙の旅」。その作品では人類は木星を目指し、神の領域について考えていた。さて、2000年も17年も過ぎつつある。窓から見える光景は小学生の頃、想像していたより変わらない。動く地面も、空飛ぶ車もない。しかし、インターネットが生まれて、風景の変化は少ないが、人間の内面が大きく変わったと思う。人類は木星には行ってないけど、人間の「内面」は木星に行くくらいに違ってきている。

それは何か?凄く簡単にいうと、いろいろ「ヤル気が起きない」時代になっていること。手のひらサイズのスマートフォンには、秒速のスピードで情報が届けられる。そんな状況で僕たちをなにを考え、発信しなければならないのか…その速さにあわせる(ためだけに)SNSの「投稿」ボタンを押すしかないのか。それに疲れて「ヤル気が起きない」自分になっていないか。まず、そんなコトから離れて考えることが大事だと思う。僕はインターネットは否定しないし、便利だと思う。でも、自分のすべてをそこに合わせる必要はないのだ。

加賀城匡貴は1975年、札幌市生まれ・在住。ボーンマス芸術大学映画&アニメーションコース中退。ステージパフォーマンス、写真、グラフィックなどで、ユーモアとアイデアにあふれた作品を発表。海外留学・放浪、ラジオ番組制作を経て1999年「スケルツォ」をスタート。映像、音楽、ナレーションのセットでライブを行う。2012年、NHK Eテレにて「ミ・タ・テ」が放送。同番組で、札幌ADC準グランプリ、東京TDC賞ノミネート。13年、札幌市都市景観アドバイザー。16年、500m美術館「ズレ展」に出展。このほか「おとどけアート」「こどものための脳みそ遊び場」など、イベントやワークショップに取り組む。著書に「脳トレ!パッとブック(国語で脳トレ!、社会で脳トレ!、算数で脳トレ!、理科で脳トレ!)」(教育画劇)。…という、アーティストの初の個展。

札幌駅から近い都市の中の静かなギャラリー。少なめの平面作品がシンプルに展示。本作品を自分の心だけで楽しんでほしい。その方法は自分なりでいい。美術鑑賞というより、一種の「遊び」である。加賀城匡貴の表現について「考えて」みる。それは作品との双方のコミニュケーションであり、受信だけの行為と異なる。ネットのようにスピードに追い立てられることもない。加賀城匡貴の作品には「隙間」の魅力があり、あなたのペースにつき合ってくれる優しげな余裕もある。作品は販売もしている。本作品はいつまでも古くならない。良いアートとはそういうものだ。

ishikawa
Text by
アート・メディアライター  石 川 伸 一 (NUMERO DEUX)

加賀城匡貴「お~、あ~、へ~」展
2017年2月7日(火)~3月13日(月)
眺望ギャラリー テラス計画(札幌市中央区北2条西4丁目 赤れんがテラス5階)
開館時間:10:00~20:00

scherzo featuring 加賀城匡貴「お~、あ~、へ~」展
日時:2月26日(日)17:00~19:00 ※開場は30分前
出演:加賀城匡貴(na)、森脇俊文(na)、日之出家金助(rakugo)、加賀城史典(pc, key)、小野健悟(sax)
料金:2,500円
定員:30名(先着申込制)(定員に達しました)

アーティストトークもあります
ゲスト:石川伸一(芸術・文化系ライター/エディター)、司会:森脇俊文

ワークショップ|
アートたんけんたい
日時:3月05日(日)13:00~15:00 ※開場は30分前
出演:加賀城匡貴
料金:無料
対象:どなたでも(小学校低学年以下は保護者同伴でお願いします)
定員:30名(先着申込制)
申込/問い合わせ:kagajo@scherzosketch.com

見る、そして、思うだけで作品
身の回りにある面白い形や色を見つけることを楽しみます。(手ぶらでOK)

協力:札幌駅前通まちづくり株式会社

«...91011...20...»
ARTICLE

CATEGORY

LATEST ENTRIES

ARCHIVES

CLASSIC CONTENTS

website design by shie sato

SAPPORO ART & DESIGN MAGAZINE NUMERO DEUX 札幌 アート&デザインマガジン ニュメロデュー

copyright @ NUMERO DEUX allrights reserved.
top