ARCHIVES / ARTICLE

NEWS

NEWS No.17051「11.25-26 アートフェア札幌 2017 」

2017.11.17

AFS17WebVI
NUMERO DEUX NEWS 17051 
札幌のアートなニュース。

アート作品は安心感と愛着をくれる。
100点以上の作品を観て→買える。

みなさんは、今の時代にもやもやとした不安はないだろうか。具体的なことではなくて、なんとなく気がかりがあって、落ち着かない…ふと感じないだろうか。僕はそんな時はアート作品を見ることにしている。どこで? 美術館もいいけど、自宅にあるともっといい。

僕の自宅のちいさな居間。そのソファの上の白壁には、あるアーティストの作品を飾ってある。個展を観に行って気に入った。値段を聞いてみると、少し良いコースのランチくらい。譲ってもらうことにした。その作家は決して誰でも知られているという存在ではない。でも、僕はその作品が好きだ。ソファの上の白壁に飾った。無名や有名は関係ない。作品を自分で観て、気に入るということは、とても大事なことだ。気に入ったアート作品には安心感と愛着が持てる。

自分の気に入ったアート作品を探して買う、家に飾る。そして、毎日目にする。こんなシンプルな行為が、気持よく暮らすことにつながる。あなたもやってみませんか?多分、あなたが思うほどお金はかかりませんよ。

アート作品を気軽に観て、買うことのできるイベントのひとつがアートフェア札幌これは週末の2日間、札幌中心部にあるホテルの客室がギャラリーとなって。そこで国内外のアート作品を100点以上展示・販売する特別なイベント。

出展ギャラリーは以下のとおり、
ホワイトストーン・ギャラリー(東京・軽井沢・台北・香港) ,オフィス339(上海),AI KOWADA GALLERY in collaboration with SORaC gallery(東京) ,アインシュタイン・スタジオ(東京) ,hpgrpギャラリー(東京・ニューヨーク),エイトエイコ(東京),ギャラリーかわまつ(東京),エミグレ・コレクション(東京),LADギャラリー(名古屋),同時代ギャラリー(京都),DMO ARTS(大阪),ギャラリー水無月(岐阜),Gallery MORYTA(福岡),ギャラリー三日月(函館),studio BREMEN(北見),ギャラリー門馬(札幌),ハナアグラ(札幌),クラークギャラリー+SHIFT(札幌)
いろいろリンク先をみて、自分の好きそうな作品を探してみよう。

本イベントでは、ホテル2階には北海道の現代アートを展示する「コレクターズ・ラウンジ」がある。期間中には無料託児サービスの「アート保育園 」。出展ギャラリー「エイトエイコ」のディレクターと息子の鳩くん( 7 歳 )による多様性をテーマとしたアートパフォーマンス(公開制作)等も開催予定。北海道の市町村公認情報 アプリ「ドミンゴ」をインストールすると入場無料になるキャンペーンがある。

アート作品は買った楽しみの前には、探す楽しみもある。僕は本フェアで、今年はどんなアート作品に出会えるか楽しみだ。


ishikawa
Text by
アート・メディア/ナビゲーター 石 川 伸 一 (NUMERO DEUX)

アートフェア札幌 2017
プレビュー: 11月24日(金)18:00~21:00(招待客のみ)
会期:2017年11月25日(土)11:00~20:00
26日(日)11:00~19:00
会場:クロスホテル札幌(札幌市中央区北2条西2丁目23)
入場料:1,000円 (情報アプリ「Domingo」をインストールすると入場無料)
フェアディレクター:大口岳人(クラークギャラリー+SHIFT)
アドバイザー:戸塚憲太郎(NEW CITY ART FAIRディレクター)
主催:アートフェア札幌 2017 実行委員会 共催:クロスホテル札幌 http://www.artsapporo.jp/2017/fair/

出展ギャラリー
ホワイトストーン・ギャラリー(東京・軽井沢・台北・香港) ,オフィス339(上海),AI KOWADA GALLERY in collaboration with SORaC gallery(東京) ,アインシュタイン・スタジオ(東京) ,hpgrpギャラリー(東京・ニューヨーク),エイトエイコ(東京),ギャラリーかわまつ(東京),エミグレ・コレクション(東京),LADギャラリー(名古屋),同時代ギャラリー(京都),DMO ARTS(大阪),ギャラリー水無月(岐阜),Gallery MORYTA(福岡),ギャラリー三日月(函館),studio BREMEN(北見),ギャラリー門馬(札幌),ハナアグラ(札幌),クラークギャラリー+SHIFT(札幌)

 

 

NEWS

NEWS No.17050「新千歳空港国際アニメ映画祭 湯浅政明とサイエンスSARU

2017.11.10

IMG_8243

「夜明け告げるルーのうた」を中心に
 「DEVILMAN crybaby」を待ちながら

「夜明けを告げるルーのうた」は、クリエイティヴを被った羊である。

新千歳空港国際アニメーション映画祭とは、北海道最大の空港内にある映画館にて4日間開催される映画祭。国内外からゲスト招かれ、特別な作品の上映や、コンペティション作品の発表、映画に関してさまざまなブース等も空港内に展開。珍しい空港内映画祭だ。

今年で4回目を迎え、今回は11月2日から5日まで開催された。その中のプログラムのひとつが2日目15時からの「特集 湯浅政明とサイエンスSARU」。本プログラムは特に注目を集め、開場前から行列ができていた。その内容は「夜明けを告げるルーのうた」の上映と、新作「DEVILMAN crybaby」を中心とした湯浅正明とプロデュサーらを交えたトークである。

簡潔に行こう。まず、あらかじめ言っておきたいのは「夜明けを告げるルーのうた」(以下、ルー)は「君の名は」(以下、君の)とはまったく異なる作品だということである。その点は聡明なみなさまはとっくにおわかりなのだろう。だが、僕は最初わからなかった。だから比べてしまった。類似点が多いと感じたのだ。

思春期の主人公たち、田舎の光景、不思議な設定、後半のスペクタクル。似てるじゃないか。しかし「君」を見本として「ル」を見るのはまちがっている。根本が違うものを比較して優劣を論じても意味がない。その理由を書いていこう(以下、映画の内容に触れますのでご注意を)。

「君の」は基本「ボーイミーツガール」(いや逆か。まぁいい。意味は同じ)の話である。高校生という「オトナに近い思春期」の2人が恋心をベースに、切なさも残る話に仕上がっている。その軸が大ヒットの要因だと僕は思う。もちろん、作画の巧みさや、田舎の光景は魅力的だが、軸は誰もが共感しやすい若者のラブ・ストーリーである。そこに男女入れ替えの不思議、謎とスペクタクル(パニック)という、わかりやすく受ける要素がわかりやすく、つまっている。これは嫌味ではなくて、そこがキチンと芽が出て、おもしろい作品になっている。僕もおもしろかったし、ヒットも理解できた。

対して「ルー」はどうだろう。そう、よく考えると「ルー」は「君の」とは軸が違うのである。主人公と同世代で、恐らく主人公に恋心を持つ女の子がいるが、その子に対して主人公は最後まで恋については無関心である。さて。では人魚であるルーが恋愛ヒロインなのか?といえば、ルーの姿は僕の印象では、幼稚園または小学生低学年くらい女の子のイメージであり、恋愛対象として主人公とつながっているとは考えにくい。

「君の」と違い、ルーの主人公は中学生でもあり「まだオトナには少しある思春期」という設定も、恋愛要素を遠ざけている感じる。しかしルーは主人公にとっても大事な存在なのである。同時に心をかき乱す存在でもある。では、ルーとはなにか?僕は主人公が出会った「希望のシンボル」のようなabstractな存在だと捉えた。でも、とっても親しい。自分を投影できる分身といっていいかもしれない。少なくても実存するヒトではない。この点で「君」とは決定的に異なる。

主人公は音楽作りが好きであるが、両親の離婚によって心を閉ざしている。自作の音楽をネットにアップするくらいだから、とっても好きなのは間違いない。でも、学校では「高校なんてどうでもいい」という態度をみせる。つまり、好きなことはあるが、将来のビジョンについてなげやりになっている。ノーフューチャーで社会に接点を求めない。

ところが、ルーという存在に出会うことによって、成長し、未来と社会との接点に目覚めていく。ルーは無垢で、明るく、そして音楽好き。それは主人公が自分の理想を投影できる存在、心を許せる存在。本作はその話である。僕は「ルー」が、また観たい作品になった。あくまで注目すべきなのは(とっても地味な)主人公なのだ。そこに集中すると本作は理解しやすい。

「君…」は2人の物語であるが、「ルー」はあくまで、主人公ひとりの内面の物語である。これは単純に倍数の問題ではない。ひとりと2人は違う。それは「ひとり」と「ふたり以上」は違うのだ。ひとりには関係性はない。しかし2人以上になれば関係性が生まれる。人間は誰もが関係性を求める。「君…」では、2人の男女が、身体も入れ替わるというファンタスティックな関係があって、2人のストーリーとなり、ラストのスペクタクルと2人の運命が描かれる。

対して、「ルー」も登場人物は多いが、それに惑わされてはいけない。主人公は常にひとりである。祖父とも父とも友人にも心を閉ざしている。いやまて、主人公には「ルーがいるだろう?」と思うかもしれない。でも、僕は主人公とルーの関係性は「君…」とは異なる。ルーは人間ではない。恋人でもないし、(異論はあるかもしれないが)友達とも言いがたい。ではなにか、ルーは「希望のシンボルなのだ」。とっても大切だが人間のような関係性を作れる存在ではない。

主人公=湯浅政明であり、彼は恋愛を求めない、求めるのはクリエティヴなのである。本作は、前向きにクリエイティヴに目覚めた少年の物語なのだ。

主人公の祖父のラスト近くの海でのシーンはまさに湯浅政明の真骨頂。なんかそれだけ本作を観た価値があった。 「マインド・ゲーム」を観て、続けるように「夜明けを告げるルーのうた」をみると理解しやすいのではないか。映画の良し悪しの評価基準はつきつめれば、ひとつにできる。「また観たいか、そうでないか」。僕は「夜明けを告げるルーのうた」はまた観たい作品である。

「DEVILMAN crybaby」は、そのニュースが知った時、まったく予測がつかない気がした。本イベントでは、残念ながら映像の紹介はなかったが、その代わり音楽の紹介があり、何曲かのサウンドトラックが紹介された。そこで窺い知れるのは、暗闇の中の非日常であり、そういったセンスは間違なく湯浅政明は信用できる。

ishikawa
Text by  メディアリサーチャー石 川 伸 一 (NUMERO DEUX)

 

NEWS

NEWS No.17049「受賞&入選しました。撮りフェス in 室蘭2017」

2017.11.04

torifesinfo
受賞&入選しました。
撮りフェス in 室蘭2017

9月に室蘭にて開催された「撮りフェスin 2017」。今年で2回目。その内容は室蘭の魅力ある写真を決められた24時間以内に撮影して出品する。審査員は東京より写真家、アートディレクター、映画監督が招かれている。参加はプロ、アマ問わず。撮影機材もデジカメからフィルムカメラ、スマホ、ドローンも可能。そもため、本格的なカメラ装備の方から、遊びがてら家族でスマホやコンデジで参加している人もいる。自分のペースで楽しく参加できるイベントである。

僕は初回から参加。入選しました。今回も入選!妻の出品作は、審査員賞をとることができました。今回の出品した作品について書いてみようかと思います。

torifes1
▲ 審査員賞 山口 一彦 賞 撮影場所:日本製鋼所室蘭製作所

室蘭を代表する工場であるここで撮影した理由としては、室蘭の象徴として「工場」が撮影されることは、よくある。典型的なのが「工場夜景」。ただ撮影テーマとしてそれは有名ですから、さまざまなアプローチで優れた写真が撮られています。ですので、テーマを工場で働く「人」にしてみました。「表情」については当初は「真剣な表情」というのが大変な現場にふさわしいかな、と思っていました。しかし、結果としては少し柔らかな表情を撮ることにしました。その理由は世界に誇る工場の中で、柔らかい表情で働いてるところが、工員さんのプライドが表現できるかな、と思ったのです。

torifes2
▲  入選作品 撮影場所:輪西8条アトリエ

この場所は室蘭の代表的なおみやげのひとつ。金属人形「ボルタ」。この「ボルダ工房」が運営する、金属のキーホルダーづくり等が気軽に体験ができるスペースになっています。そして、この写真の二人がこの空間の運営をまかされています。本業は室蘭のプロダクトデザインの会社ノールドデザインの代表と社員のお2人なのです。ここの撮影のテーマとしては、室蘭はやはり「鉄」のまちですから日本製鋼所の写真では鉄のまちの地元産業として。そしてこの写真では「鉄」の文化の発信の場所として撮影させていただきました。

ishikawa
Text by  メディアリサーチャー石 川 伸 一 (NUMERO DEUX)

 

«...91011...20...»
ARTICLE

CATEGORY

LATEST ENTRIES

ARCHIVES

CLASSIC CONTENTS

website design by shie sato

SAPPORO ART & DESIGN MAGAZINE NUMERO DEUX 札幌 アート&デザインマガジン ニュメロデュー

copyright @ NUMERO DEUX allrights reserved.
top