ARCHIVES / ARTICLE

NEWS

室蘭工業大学での委員会議にて。高砂5丁目公園のプロジェクト

2019.02.17

 

fullsizeoutput_3e4

公園という「メディア」

人が集まると  何かが生まれる
生まれれば   人が集まる
このサイクルがつくれれば
地域は進化していく

公園は、きっと身近にある。
小さくてもいい
自然、空間、座れる場所があればいい
公園を嫌いな人が、いるだろうか?

公園は空間という「メディア」
僕たちはこの場所で、
できることを考えてみよう

まずは、公園に行こう、
そこで日差しを浴びながら
できることを考えよう

僕は室蘭工業の外部委員をしています。任期は2年。この地域に来た時にちょうどのタイミングで募集をみつけて書類に文章をつけて応募。採用された。それから2年後。今期もさせてもらうことになった。嬉しい。

会議内容は大学と地域の関係性を考えること。委員には伊達、室蘭、登別市長から、商工会議所や教育関係者、メディア関係者などで構成されている。会場では委員と大学関係者で円卓を囲むレイアウトになっている。

会議では、4月から行われる理工学部への再編にの話の後、ランドスケープ研究室の院生 小林佳弘さんから「高砂5丁目公園プロジエクト」の活動報告があった。僕には大変興味深い話だった。

本研究室は人間と自然(公園等)をテーマにして、人のちながりや地域貢献等を考慮した「都市・地域づくり」を研究している。「高砂5丁目公園でのプロジエクト」とは、室蘭工大の近くにある公園の活用をしたプロジェクトの報告である。

本公園は、昭和43年つくられた0.36ヘクタールほどの樹木や湧き水もある三角形の形がユニークな公園。つくり自体はシンプルであり、どこのまちにでもありうる公園である。だから、本プロジェクトはいろいろな地域での参考になると思う。

市役所、市民、大学が手をつないで行った企画。これはすごくいい。みんなの公園をアップデートするために、ふだん接点のない人が集まり、意見を交換する。企画を考える。このコミニュケーションも本プロジェクトの大事な部分だと思う。

すべては人からはじまる。人がいるから、できる。「公園」とは何かと学術的に考えて再構築する。そして、具体的には子供が遊べる遊具の設置やワークショップや飲食のブースも展開していく。それが「高砂5丁目公園のプロジェクト」。

すべては集まって話す、ことからはじまる。もちろん、話すだけではダメで、それを記録して、企画を書面化する。そして実行の準備をして、実行する。理論と実践このふたつが大事で、そして今ふうにいえば「持続可能」を加えたい。

「高砂5丁目公園のプロジェクト」は素晴らしい地域のまちづくり「再構築」だと思う。

僕は本会議にて、大学は「地域」と「地域」を結ぶ「ハブ」(hub=ネットワーク機器)のような存在であるべきという提案した。ただ、正直なところ具体案が浮かばなかったところが正直なところ。

「高砂5丁目公園でのプロジェクト」は「公園」を「ハブ」にして、大学と地域を結びつけたプロジェクトだと思う。ここで考えるのは今回は「公園」だった。それもありだし、別の「ハブ」を探すのもいい。

僕は「公園」もメディアだと思う。
公園という空間(媒体)の発信(編集者)と、
それを楽しむ受け手がいる。

IMG_0464▲ 高砂5丁目公園のプロジェクト のプレゼンの様子
https://www.facebook.com/takasago5park/

2019.1.28.平成30年室蘭工業大学市民懇談会
会場:室蘭工業大学

 

ishikawa

Text by メディアリサーチャー 石 川 伸 一 (NUMERO DEUX)
〜文化とアートとメディアについて考えて、書くのが好きです。
twitter.com/numeroo
https://www.facebook.com/shinichi.ishikawa
↓ 記事が良かったらこのページのFacebookの「いいね」やTwitterボタンなどでひろめてくれると嬉しいです。

NEWS

NEWS 新刊レビュー「 眠りの森クリニックへようこそ / 田丸 久深 ) 

2019.02.11

fullsizeoutput_3da

夢、眠り
そしてドラマが収束する美しさ。

夢は現実なのか、現実が夢になるのか…ともにあるのは「眠り」。

弟と生きる、
雨に濡れないように
食べるのに困らないように
それだけでいい

壊れた冷蔵庫
中で
何かが変わっていく
わからないけど

「眠る」
そばに人がいる
安心できる存在

彼女は人生に「色」があることを知った。
弟の成長にも目を見張った。
これから違う色も

北海道在住、女性作家の書き下ろしの3作目。以前、ご恵贈いただいた作家さんの最新作を読む機会があった。僕は普段は海外のとても内向的な小説を読むのが好きなんで、ちょっと違う作品を楽しむことになる。

だから、本作をまず、全体的になんと説明すればいいのかわからない…だけど試みてみる。若い女性のドラマ小説という感じだろうか。恋愛小説とは違う、主軸は恋愛だとは感じなかった…ただ読み終えるとそういった味もある。

何だろう、読み終わって、思い返してみると不思議な小説だ。要約すれば「「彼女」(主人公)の話」ということだろうか。彼女は日々を一所懸命生きて、まわりが変化していく、彼女は当事者でありながら、傍観者のようにも感じる。

前作「YSAKOIソーラン娘 札幌が踊る夏」は札幌を舞台に全国的にも有名なYOSAKOIソーラン祭がテーマだった。文中ではたくさんの札幌、北海道のキーワードが散りばめられた作品になっていた。しかし、本作ではそこはは抑え気味となっている。本作も札幌で藻岩山の下にある睡眠専門の架空の診療所。そこが事務員として働く主人公の勤務先。

事故で両親を失っていて、高校生の弟と古いアパートで2人暮らし。アパートの住人、診療所に関係する人たちでドラマが進む。主人公の生活に余裕がない様子が冒頭から繰り返し語られる.

シリアスであるが、世間に対する過剰な恨み節はなく、弟と一生懸命生きる。庶民的なユーモアすら感じさせる。主人公が質素なキャラクターなのは本作の一番の魅力ではないか。文章は過去作と同様、淡々としていて気取りがない。好感が持てるし、読みやすい。

舞台が藻岩、市電、中島公園のあたりなのは地元の人間には嬉しい。クラシックで雰囲気のいい場所だから。読み進むとあのあたりかな?と思わせる。病院の出番は思ったより少ないが作家の医療事務経験からか興味深く病院の仕組みを読ませてくれる。

脇役はややエキセントリックな印象はあるが、主人公には常識的なので安定感がある。いろいろなドラマが散らばり、そして静かに収束していくのはなかなか美しい。ラストまで読むと感じる。

そして「ああ、この小説は彼女(主人公)の話」だったのだな、あらためて深く感じ、もう一度読みたくなった。

「 眠りの森クリニックへようこそ ~「おやすみ」と「おはよう」のあいだ~」
著作:田丸久深 / 幻冬舎文庫  / 618円+税49円
2019/02/07発売

ishikawa

Text by メディアリサーチャー 石 川 伸 一 (NUMERO DEUX)
〜文化とアートとメディアについて考えて、書くのが好きです。
twitter.com/numeroo
https://www.facebook.com/shinichi.ishikawa
 Facebookの「いいね」やTwitterボタンなどでひろめてくれると嬉しいです。

NEWS

NEWS2/11&2/25「トークイベント 『札幌クリエイティブ 過去・現在・未来』 会場ICC」

2019.02.08
ICC
▲ICC https://www.icc-jp.com/mobile/archive/news/icc/000648.html より

 

僕は赤いバッテンを
目指した

2月のおこなわれる イベントを知って
思い出したことを書いていく

 

2月の11日(月・祝)と25日(月)の2日間。「札幌クリエイティブ 過去・現在・未来」というテーマでイベントが開催される。「つくること」「表現」することに興味あるなら、ぜひ行ってみて欲しい。事前申込が必要。

の内容は、札幌のICCというクリエイター支援施設。ここに入居していたクリエイターが札幌のクリエイティヴを語る。ICC(インタークロス・クリエイティブ・センター)とは正式名称は札幌市デジタル創造プラザという。

札幌市が運営するクリエイター支援施設だ。2001年に設立され。シェアオフィスとしての機能もあり、審査によってオリジナリティのあるクリエイターが入居した。僕とICCのつながりは、知り合いが多く入居していたこと。

それで、ICCに遊びに行ったり、イベントの取材をしたり、僕自身の活動もICCのイベントに出展させてもらった。そのため僕もこの施設には思い入れがある。何度も足を運んだ。いろいろな用事で。数えきれない。

ICCができたのはもう19年も前。現在も札幌のクリエイティヴの拠点である。場所も変わり、時代も変わっている。これからICCがオープンしたあたりの時代状況を、僕の視点で書いてみたい。

このイベントに足を運ぶ20代くらいの人に、当時を知るための参考になれば嬉しい。まぁ、おっさんの昔話か、余計なお世話か。ICCができたのはiPhoneもiPodもなく、傾きかけたアップルがiMacで復活してきた時のお話です。

なにかのを理解を深めるのは、
その時代の状況も知るにも大事だと思う

ICCができたのは、西暦2001年(平成13年)
僕はこの少し前の1999年に、このウェブサイトNUMERO DEUXをはじめた。僕は札幌発の老舗ウェビマガジンSHIFTのオフィスで机をひとつ借りて活動していた。

札幌のアートやクリエイティヴを紹介する内容。当初は手打ちでHTMLを打って、FTPでアップしたMacは、PowerBook Duo2300 + Duo Dock plus 。ディスプレイは17インチのノーブランドCRT。TFTじゃない。OSはMac OS 7.6だ。

icc廊下
▲ 移転前のある日のICC。学校ぽいね。

スマホは無い。二つ折りケータイが流行っていたが、僕はストレートタイプが好きだった。インターネットはちょうどADSLのあたりだろうか。インターネットのブラウザはNetscape Navigator。検索はGoogleはまだなくて、ヤフーの検索等を使っていた。

ケータイのコンテンツもまだ不十分で、インターネットを楽しむのは、デスクトップかノートパソコンを使うのが主流だった。

SNSといえば、まだmixiもない。当然、Facebookやinstgramもないブログもない、だからTwitterのようなマイクロ・ブログもない。朝起きて、気軽に投稿できるサービスといえば「電子掲示板」(BBS)と呼ばれる、ウェブ上に設置できるプログラムである。

これは自分でネット上で直接書き込むことができて、それを読んだ人はレスをつけれる仕組み。操作感自体はFacebook等の投稿と同じである。BBSの置かれ方が2つあって、ひとつはウェブサイトのいちコンテンツとしてある場合。

もうひとつは、たくさんのBBSを設置したサイトがあって、自分の好きなジャンルBBSに書き込むもの。「2ちゃんねる」もその一種で、この時期開設している。

m2
▲ICC のアートディレクションは札幌のクリエイティブディレクター 前田弘志がおこなった。

インターネットから見える風景は、今よりずっと混沌としていた。なぜなら、先に書いたとおり、SNSやブログがなかったので、個人の情報発信は、自分でウェブサイトを作って発信するの主流だった。

みんな手打ちでHTMLでつくるか、ワープロのような感覚で作れるアプリケーションで作った。だから、自由度が高く、個性的なウェブサイトが多かったと思う。こういう場合、FTPでサーバーに転送するのが面倒だった。

今のようにCMSではないので、リアルタイムな更新ができなかった。ウェブサイトのサーバーも個別に契約してレンタルした。

無料ブログがなかったがヤフーの「ジオシティー」、国産の「魔法のiらんど」をのような今の無料ブログに近いようなアップできるサイトも、ぽつぽつとはあった。それでも今の「アメブロ」のような勢いはなかったと思う。

リアルの社会とネットの状況も混沌としていて、ネットで募集をかける「異業種交流会」も行われるようになった。しかし、現在のようなイベント参加管理サイトなどがある訳ではないから、メールを使って管理するのは大変だったと思う。

その中で「クリエイターノミカイ 『LIFE』」という交流イベントもあって僕も協力していた。「LIFE」が良かったのは、クリエイティヴに興味があれば、ジャンルはなんでも、プロ、アマ問わずというコンセプト。

実際、いろいろま人が来ていて、学生から、もうプロの人から、プロを目指している人、趣味で楽しんでいる人といろいろだった。今でもクリエイティヴ系のイベントは盛んだけど、ジャンルをある程度絞ったものが多い。

LIFEというは、今考えれば「サブ・カルチャー」のイベントだったのかな、と思う。何が?といえば、イベントそのものが「サブ・カルチャー」な存在だったのだ。なんかね、まだインターネットがアンダーグランドなところがあった。

話はそれたが、LIFEを主催したり、来ていたお客さんは結果的にICCに入居したり、イベントの関係したり人が多かったのが、僕とICCをむすびつけた。考えると、偶然のようにも必然にも思える。これも状況の奇跡。

その結果、僕もICCに気軽に足を運ぶことができた。当時、僕は車がなかった。ICCに行くには地下鉄東札幌駅で降りて15分くらい歩いた。ICCは札幌市教育研究所をリノベーションした建物で「学校」のような雰囲気であった。

mag_2
▲ 2012年ICCでの「MEDIA ATRTS SUMMER FESTIVAL2012」にて僕の発行しているフリーペーパーMAGNETの展示をした。

ICCは夕方くらいまでには正面から自由に出入りできた。それ以降は裏口からインターフォンを使って知り合いのオフィスに連絡して入ることができた。1FにはCafe Plusというフリースペースがあって、自由に休んだり、作業をすることができた。

僕はICCの用事の後、ここで過ごすこともあった。。初代iMacか置かれていて自由に使うことができた。また、この場所はイベントスペースにもなった。ICCができた時はまだまだインターネットも発展途中。で、いろいろ面倒臭い時代だったと思う。

今のようにSNSやブログで、誰でもスマートの情報発信できる時代でもなかった。スマホも無いので、今よりリアルタイム性にも欠けていた。でもね、その不完全さよかった。足りないから、自分たちでなにかできそうな「隙」があった。

でもなにか新しいことがはじまる、という雰囲気があった。
そして、ICCはその新しい何かをサポートしてくれる場所だった。

ざっと書いた。個別の出来事や、ICCにの入居者についても触れれば、とても書ききれない。でも、今回にイベントには当時の入居者たちがいる。彼らの生の話を聞けるのがとても貴重なチャンス。ぜひ、足を運んでほしい。

最後にICCがはじまった頃のキーワードを思いつくまま書いてみます。

#iMac #常時接続  # デザインプレックス #インディマガジン #フライヤー #SHIFT #WHITEST #TIGER MAGAZINE #フリーペーパー #TATAMIX #pirka  #groovisions #SOSO CAFE
 

 

「札幌クリエイティブ 過去・現在・未来」
1回目[2/11(月・祝)]18:30-20:00(18:00開場)
ト-クゲスト:石田勝也、大黒淳一、こだまじゅんじろう

2回目[2/25(月曜日)]18:30-20:00(18:00開場)
トークゲスト:島田英二、福田大年、前田麦

場所:ICC(白石区東札幌5条1丁目1-1)
対象:クリエイティヴに興味があるばどなたでも
定員:各回30名(定員になり次第締切となります)
参加費:無料(事前申込必要)

詳細や申込方法は以下にあります。

「札幌クリエイティブ 過去・現在・未来」
【1回目:2月11日(月曜日)、2回目:2月25日(月曜日)開催!】
https://www.icc-jp.com/mobile/news/f4fb1t0000002pfv.html

ishikawa

Text by メディアリサーチャー 石 川 伸 一 (NUMERO DEUX)
〜文化とアートとメディアについて考えて、書くのが好きです。
twitter.com/numeroo
https://www.facebook.com/shinichi.ishikawa
 Facebookの「いいね」やTwitterボタンなどでひろめてくれると嬉しいです。

123...10...»
ARTICLE

CATEGORY

LATEST ENTRIES

ARCHIVES

CLASSIC CONTENTS

website design by shie sato

SAPPORO ART & DESIGN MAGAZINE NUMERO DEUX 札幌 アート&デザインマガジン ニュメロデュー

copyright @ NUMERO DEUX allrights reserved.
top