ARCHIVES / ARTICLE

NEWS

NEWS No.181021「TOLTA ポジティヴなことばのつみき」

2018.10.21

fullsizeoutput_281

ことばは、人を脅迫できるのだろうか?
ドアを開けると、ことばが立っているのか。
ある日、ことばからメッセセージがくるのか。

「ことば」さんからメッセージが届いています。

トマトの甘みが、昔より弱くなっているように、
「ことば」の味が薄くなっていく。

僕は言葉を恐れる
もっと、恐れたいと思う。ことばは限りのある資産である。

「ことば」は否定できなから、恐ろしいのである。

僕たちはことばに笑い、悲しみ、傷つく
言葉と行動をセットで積み重ねて、働き、お金をもらう
言葉で世の中はまわる

携帯電話や、インターネットがない
生活を選ぶことはできるかもしれない
でも「ことば」のない生活を選ぶのかなり難しい。

僕たちは、言葉をもっと「大切」につかわなければ
ならない。

TOLTA。ことばの作品である。
好きです。ことばがわかりやすいフォルムをまとって、
ガラスケースの中におさまっていた。

壁にある説明のプレートをみると、
「ポジティヴなことば」とは「人を前向きにさせる一方で、脅迫的な呪いのように感じさせるメッセージ」と命名したそうだ。

アートと言葉の関係性は、現代美術の大きなキーワードである。
アートを言葉で語るといいより、アートで言葉を語る
TOLTAの採集した「ポジティヴなことば」は、

自分の言葉であり、自分の行動原理ではないか。
僕はそう感じた。

「500m美術館Vol.26『最初にロゴス(言葉)ありき』」より
会期:会期 : 2018年4月27日(金)〜2018年6月27日(水)
会場:500m美術館(地下鉄大通駅と地下鉄東西線バスセンター前駅間の地下コンコース内)

ishikawa
Text by  アート/メディア  リサーチャー 石 川 伸 一 (NUMERO DEUX)
アートとメディアについて考えて、書くのが好きです。

NEWS

NEWS No.180831「自主企画 子供も大人もできる!カードゲームで遊ぼう! 」

2018.08.31

0928fryer831

僕が企画したイベントの宣伝をさせていただきます。無料のイベントなので、よろしくおねがいします。登別商工会議所青年部(登別YEG)によるご当地カードゲームNOBORIBETU。このデザインを担当したこだまじゅんじろう氏によるカードゲームの魅力についてのお話の後、実際にいろいろなカードゲームで遊べます。はじめての方も大丈夫!登別、室蘭でゲーム会を主催するまっつんさん、オルターさんが楽しく教えてくれます。
本イベントは「のぼりべつカルチャーナイト」の参加企画です。

タイトル:子供も大人もできる!カードゲームで遊ぼう!
ゲームデザイナーこだまじゅんじろうといっしょに
開催日時:2018年9月28日(金)18時00分 – 21時00分
会 場:登別商工会議所会館(中央町5丁目6-1)
料金:無料 こども(小学生以上) おとな歓迎!

ゲスト:こだまじゅんじろう(株式会社クラグラ代表/クリメージ)
ゲスト:まっつん(登別ボードゲーム会) 
オルター(北オフ室蘭ボードゲーム交流会)

主  催:登別商工会議所青年部   問い合わせ Tel 070-5600-5436(勝間)
企  画:石川 伸一 (NUMERO DEUX)  http://numerodeux.net

300noboribetsu

ishikawa
Text by
メディアリサーチャー 石 川 伸 一 (NUMERO DEUX)

 

 

 

NEWS

NEWS No.180811「撮りフェスin室蘭2018写真展」

2018.08.11

fullsizeoutput_1dc

24時間に捕らえられた
室蘭のランドスケープ
アリバイより事実が欲しい

写真の発明は   時間を切り取ることを可能にしたこと
時間を「証拠」にできる
私たちは最近はスマホのカメラで証拠を作る  - アリバイの成立
でも、それだけだと記録で終わる。
やり方によって記録は「作品」になる

「撮りフェスin室蘭」は2016年からスタートとした写真コンテスト。参加者は決められた24時間以内に室蘭の魅力を感じる風景を撮影して、ひとり3点まで提出できる。撮影時間に制限があるのが特徴。天気は祈るしかないし、お店などはお休みかもしれない。

与えられた同じ24時間。それをどう使うのか?ここにあるのは、アリバイとして写真ではなく作品としての写真。今年は7月7日(土)~8日(日)にかけて開催。全国から402人が参加し1,000点を超える作品が応募された。その展示が開催されている。ここにある「作品」は2つの楽しみ方がある。まずは、撮影した人がとらえた「室蘭の魅力」を感じてみること。そして、それを撮影した時の状況のドラマを想像してみること。402人の24時間の過ごし方がここにはある。

 

作品を見ていると、写真そのものの魅力だけではなく、その24時間に撮った人のドラマを感じるのも楽しい。

  ishikawa
Text by
メディアリサーチャー石 川 伸 一 (NUMERO DEUX)

「撮りフェスin室蘭2018写真展」
会期 : 平成30年7月14日(土)~8月15日(水) 午前8時~午後7時
会場:室蘭観光協会(室蘭市海岸町1-5-1 旧室蘭駅舎)
「撮りフェス」ウェブサイト
http://tori-fes.com/

 

123...10...»
ARTICLE

CATEGORY

LATEST ENTRIES

ARCHIVES

CLASSIC CONTENTS

website design by shie sato

SAPPORO ART & DESIGN MAGAZINE NUMERO DEUX 札幌 アート&デザインマガジン ニュメロデュー

copyright @ NUMERO DEUX allrights reserved.
top