ARCHIVES / ARTICLE

REPORT

「盆栽と盆景の違い と まちをづくり 盆景展示 苫小牧にて」 

2019.07.07

bonkei1

メディアづくり・まちづくり・ひとづくり
あなたと私のための記事
NUMERO DEUX ニュメロデュー Articles for you and me

まちづくりのソネット

世界はどこにあるのか /  自分の世界と他人の世界 / 自分と他人の世界 /  いくつかの世界を旅人のように あちこちいってみたい

まちはどこにあるのか? /  それはあなたの家のドアを開けたところから /  そして、あなたの心の中まで /  まちは心をつなぐ

苫小牧市 /  盆景の展示会へ行ってみる / そこには楽しむ人の笑顔があった

盆景はポップであり、隙がある /  クリエイティヴには隙が必要  / だから、まちづくりにはポップが必要。

「盆栽」は知っていても「盆景」は聞いたことはない、という人は多いかもしれないね。盆景とは、お盆の中に、土、砂、植物、石などを組み合わせて自然の光景をつくりだすことである。

僕の印象だけど、盆景は盆栽より、ポップな印象がある。盆景は手作りであり。盆栽もそう感じさせるが、実は違う。

盆栽の中にあるのは歴史という名の「プラン」であり、盆栽家はプランを実行する。緻密な都市計画。それは、小品盆栽のほうがもっと明確にわかる。なぜなら、展示の小品の盆栽は展示で複数組み合わせる。そこに「流れ」「受け」「勝手」といった、ルールはデザイン的美意識がある。

しかし「盆景」には直接的なデザイン・ルールはない。では、どう考えるのだろう、と思って、会場に居た盆景作家の方と話をすると川を作ったり、というルールはあるものの「盆景は楽しいのが一番だと思っている」と言葉をいただいた。

僕は盆栽のもっている、綿密な都市計画のようなイメージを愛する。基本、僕は「まちづくり」には専門家によるプランというのは大事だと思っている。

しかし、すべてを専門家の手に委ねることはできない。なぜなら、まちに住む僕たちは「まちに住む専門家」ではないから。

専門家の都市計画は、そこに実際住む人の「内面」までは、入ってこないし、これるものではない。最終的にまちをつくる人の「気持ち」の問題だからだ。

盆景とは「気持ち」が魅力の表現だと思う。
僕はこれから、まちづくりを考える時、
盆景 の自由さと優しさを思い出そうと思った。

 

Text by  石 川 伸 一 (NUMERO DEUX)
メディアづくり まちづくり ひとづくり
https://about.me/shinichi_ishikawa
twitter.com/numeroo
https://www.facebook.com/shinichi.ishikawa
 Facebookの「いいね」やTwitterボタンなどでひろめてくれると嬉しいです

REPORT

「カフェとピザ、人生を何度か救うのんびり〜カフェとピザのお店 『nonびりーの』苫小牧」 

2019.06.30

fullsizeoutput_6d1

メディアづくり・まちづくり・ひとづくり
あなたと私のための記事
NUMERO DEUX ニュメロデュー Articles for you and me

まちの中の思想

ひとは、時には逃ていい。
その場所が問題で、
自宅は楽だけど、すべてを自分で抱え込んでしまう感覚がきびしい。
職場や学校はダメではないと思うが、自由度が足りない

眺めのいいカフェは、
最適な場所だと思うのだ。

日常のソネット
まちの中で生きるために

 

のんびりすると、
怒り出すのは、自分
そんな時は、カフェにいくべき
そこまで歩いてもいいし、ハイヤー呼ぶのもあり

カフェは、怒って行かないところ、
笑う必要もないところ
僕はカフェにいくコーヒーを頼んで、
最初の水が、心の透明度を太陽のプリズムがはかる

カフェという他人の部屋で
心の矛盾を溶かしていく
そして、お腹が空くのはあたりまえ

苦い飲み物は、自分へのご褒美
うまいピザは、待つのも楽しみ
時間あるのか? あるだろう。

「nonびりーの」は、北海道苫小牧にあるカフェ。
中心部から外れにある、海外沿い、海のみえる、いわゆるオーシャンビューのカフェ。フードメニューもあり、ピザが中心。これはなかなか本格的でピザ9種類ほか、サラダ、生ハム、フライドポテト、フライドオニオンなどなどあり。通し営業で21時までやっているのは、十分腹ペコに相手をしてくれる。

カウンターがメインで、海岸沿いにあるので、海の光景がとてもいい。
さらには外でも飲食することができる。

ピザは手で食べられのが幸せだ。
そして、おいしい。こんな食べ物ほかに少ない

外で4人ほどの女性グループが、
スマホで写真をとっている、テイクは相当重ねている
自己顕示欲はとってもいい。元気の印でもある。

怒った時はカフェにいこう
悲しい時は家にいよう


「nonびりーの」(カフェ、ピザ)
北海道苫小牧市浜町2-2-4
営業時間:11:00~21:00
月曜定休

 

Text by  石 川 伸 一 (NUMERO DEUX)
メディアづくり まちづくり ひとづくり
https://about.me/shinichi_ishikawa
twitter.com/numeroo
https://www.facebook.com/shinichi.ishikawa
 Facebookの「いいね」やTwitterボタンなどでひろめてくれると嬉しいです

REPORT

「塾で話すオトナたち 『室蘭ハタモクcafe出張版!in 共生舎』」 

2019.06.28

—————————————————————————————————————————- 61998731_2242114525870341_7905761832348942336_o —————————————————————————————————————————-

メディアづくり・まちづくり・ひとづくり
あなたと私のための記事
NUMERO DEUX ニュメロデュー Articles for you and me

 

 

人は場所がないと、立っていられないし、
立てないと歩けない、人生は進まない
場所はどこにあるのか / ないのか / つくれるのか?

室蘭市の輪西町は好きなエリア。その理由は 飲食店が多く、 スーパーとつながり図書館の分室もある室蘭市民会館、金属加工のワークショップをおこなっている 輪西8条アトリエがあったり、 その運営をしているプロダクトデザイナーの事務所があったり、コミニュティFM「FMびゅー」がある。 あと、室蘭では珍しい個人経営の路面店の本屋さんがある。

僕には文化の香りのするエリアだ。 その中に、学習塾 共生舎がある。室蘭で一番ユニークな塾だと思う。 代表のパートナーが経営する雑貨店も併設しているのが楽しい。お店があると、僕のように子供のいない人間にも行きやすいよね。

サードプレイスという言葉を知っているだろうか? その意味は、自宅でも学校・職場でもない、 自分にとって居心地の良い場所であるということ。  飲み屋さんでもカフェでも、公園でもいいと思う。自分が落ち着ければいい。

塾という場所に入ったのは、自分が中高生以来のことだが、 この場所はあまり塾という感じがしなかった。 そこで、✳︎室蘭ハタモクcafeをおこなった。 7人の大人が集まり、いろいろなことを話す。 コーヒーを飲みながら。クッキーを食べながら。共生舎は訪れるのは2回目だが、サードプレイスな気持ちになれる場所。

そして、学生さんへむけてのプランが浮かんだ。

「塾」を進学のため、
もっというと志望校合格のため、
だけにとらえてしまうのは、少しもったいない。
僕は今の時代でも高学歴は価値はあると思う。
ただ、高学歴だけでは、うまくいかない時代にもなってきている。

高学歴を目指すのは、悪いことではない
それと一緒に、ちょっとした社会とのつながり、
があると、とてもいいと思うのだ。

サードプレイスへの扉になりうる。

室蘭ハタモクcafeでは、そんなお手伝いをしたいと
思っています。

 

✴︎室蘭ハタモクcafe とは、2019年4月に NPO法人 ハタモク北海道のスタッフの加藤あゆみ、本サイトの石川伸一によってスタートしたミニ・イベント。参加は無料。毎週金曜日の17:30 -19:00 で、きらん(室蘭生涯学習センター)のフリースペースで開催、またはほかの場所でも開催。内容は、働くをキーワードなほか、さまざまな社会のテーマにまじめに、そして気軽に話しています。https://www.facebook.com/muroranhatamokucafe/

61558277_459507081470289_2270832042134470656_o 61956111_460371838050480_7709598022966968320_o
公式第8回「室蘭ハタモクcafe出張版!in共生舎」
日時:6月2日(日) 14:00-16:00
場所: 共生舎・スタディラウンジむろらん
(室蘭市輪西町2丁目3番1号)
http://murokyousei.xyz/


Text by  石 川 伸 一 (NUMERO DEUX)
メディアづくり まちづくり ひとづくり https://about.me/shinichi_ishikawa twitter.com/numeroo https://www.facebook.com/shinichi.ishikawa
Facebookの「いいね」やTwitterボタンなどでひろめてくれると嬉しい
です。

«...234...10...»
ARTICLE

CATEGORY

LATEST ENTRIES

ARCHIVES

CLASSIC CONTENTS

website design by shie sato

SAPPORO ART & DESIGN MAGAZINE NUMERO DEUX 札幌 アート&デザインマガジン ニュメロデュー

copyright @ NUMERO DEUX allrights reserved.
top