ARCHIVES / ARTICLE

NEWS

NEWS 人生のアイディア『6/15 室蘭版ハタモク北海道』から『毎週金曜 室蘭ハタモクカフェ』をすること

2019.04.01
hhokaido2

大変ことがある
人は、ほぼ突然、社会人(1日中働くひとになる)になる
生まれてすぐは、家にいるだけでいい
学校では勉強をすればいいし、しなくてもいい。

その流れは人生のゲスト、お客さんなのだ
しかし、社会人になると働かないと
お金をもらえないし
怒られる

お客さんから、働く人になる急速なターン
よりよく働く人(社会人)になるには、
どうすればいいのだろう?

僕のおすすめは社会人と話をする
機会をつくること
それには「ハタモク」というイベントをおすすめしたい。

今回、6月に開催される室蘭版の制作、ディレクションをすることになったので、


僕が考えるハタモクの魅力、

それは、あなたがお客さんではない立場で
社会人と話せる

「ハタモク北海道」とは2016年に認定されたNPO法人。ハタモクとは「働く目的」とのこと「学生(高校生含)×社会人」で働くことについて気楽に真面目に話し合う3時間程度のイベントを北海道内で年4〜5回のペースで開催している。

参加料は初参加の学生は無料。2回目以降でも100円という低料金。社会人は500円。イベントでは学生と社会人が交流しやすいプログラムが用意されていて、少人数のグループに分かれて、司会者の進行でおこなう。

学生と社会人が話しをしやすい環境がつくられるので、一般的な交流会のように参加してもなにもできなかった、ということはない。

僕はいいイベントだと思う。僕が特にハタモクのイベントで、おすすめしたい点は、あなたが学生さんなら「お客さん」の立場ではなく社会人と話せるということだ。

これはとってもいい機会だと思う。今回、僕は室蘭で開催れるハタモクの制作・ディレクションとして運営に関わることになった。この記事では、ハタモクの概要と僕独自のおすすめポイントを書いていきたい。

fullsizeoutput_455

ハタモクは
学生さんにおすすめ
社会人にもおすすめ

あなたは学生さんとして、バイト先以外で「お客さん」の立場ではなく、社会人と話す機会があるだろうか。僕は少ないと思う。それはあたり前のことだ。

例えば、あなたは携帯電話ショップに新規のスマホの契約にいく。そこで、カウンター越しに店員さんという「社会人」と接することになる。この場合はあなたはお客さんで、相手は売る人という立場となる。

すると、当然会話も態度もいろいろなフィルターがかかる。この例でいくならショップの店員さんはあなたを終始「お客さん」として扱う。だから、あなたに気を使って優しく接してくれる。

ところが、あなたは就職すると、会社の上司、同僚、取引先は、あなたは「お客」として扱うことはない。あなたがお客ではないからだ。その中でスムーズに働くにはコミニュケーションの技術が必要になる。ギャップはどう埋めよう?

このギャップについてもちろん、わかっている人は多いと思うけど、これに対する対策というのはなかなできない、という学生さんは多いのではないだろうか。今さら書くまでもないが、仕事はお金を得るための社会人とのコミニュケーションの連続である。

コミニュケーションの技術は上げるには経験しかない。ぶっつけ本番ではなく社会人になる前にお客さん、ではない立場で社会人と話しをする機会は積んでおいて絶対損はない。

そのいい機会がハタモクだと思う。宣伝のようで申し訳ないがハタモクの初回無料(2回目以降でも100円)週末の3時間。これだけの低コストで、社会人とコミニュケーションをすることを学べる機会というのは、多分他にはないのではなだろうか。

学生の視点で書いてしまったが、ハタモクは社会人の参加もおすすめだ。社会人になると、学生を相手にする仕事ではない限り、学生と話しをすることは少ない。

ハタモクで気軽に学生と話すことは学生の考え方、思考を理解する上でとても役立つだろう。それは仕事上での若手社員とのコミニュケーションや、若者むけの営業のヒントにもなる。

ハタモク北海道のイベントが
はじめて室蘭でおこなわれる

今年6月15日(土)「ハタモク北海道」の室蘭版が開催されることになった。室蘭在住のハタモク北海道のスタッフ加藤あゆみさんから一緒に運営やらないかというお話をいただいた。

加藤さんとは室蘭のフリースペース「タンネ」で知り合った。彼女がボードゲーム、カードゲームといったアナログゲームに詳しいことから、僕が昨年秋に登別で商工会議所とカードゲームのイベントを企画した時にお世話になったのだ。

僕は過去にこうした若者むけの就職イベントは取材として参加したことはあるが、運営のほうにまわったことがない。お客さんのターゲットとして、社会人はある程度イメージできるのだけど、今の学生の雰囲気はわからない。学生さん、社会人に来てもらうために、より良い運営をするためには、まずどうすればいいのだろうか?

ハタモクcafe3

「室蘭ハタモクカフェ」を開催します。
室蘭近隣の方、ぜひおこしください。
週1回に無料で気軽な集まりです。

僕は6月15日の「室蘭版ハタモク北海道」の宣伝も大事だけど、それと同時平行で「お客さんを作ろう」という提案をした。その具体的な方法が「きらん」という昨年できたばかりの中島待町にある室蘭市生涯教育センターのフリースペースを使うことだった。こういった場所で毎週金曜日の夕方に僕と加藤さんがいるので、興味のある人を気軽に社会人とお話したり、6月のハタモクについて聞いてみたり、なんとなくお話したい人は来てみませんか。具体的なことはこのサイトやFacebookページ「室蘭ハタモクカフェ」で告知しますね

6月15日室蘭版ハタモク北海道
でお話しましょう!

若者と話すことは、自分の教えられることが多い。僕にとって、2人との会話はちいさな「ハタモク」であった。これが本当のハタモクならもっと楽しく、ためになる体験になったと思う。室蘭方面のみなさん、6月15日(土)ハタモクで会いましょう。申し込み方法等は以下にあります。

 

 

【第300回】ハタモク北海道第32弾 室蘭版
主催:NPO法人ハタモク北海道
日時:6月15日(土)13:30-16:30
(受付開始13:15~)
場所: きらん2階 多目的室2
(室蘭市中島町2丁目22-1 室蘭市生涯学習センター)
会費: 社会人500円/大学生・高校生無料(学生2回目以降参加100円)

参加申込(定員40名・内容詳細については)
以下の「こくちーず」からおねがいします。https://www.kokuchpro.com/event/8d74e0e07a42b16c9d277e510e6187e9/

ishikawa

Text by メディアリサーチャー 石 川 伸 一 (NUMERO DEUX)
〜文化とアートとメディアについて考えて、書くのが好きです。
twitter.com/numeroo
https://www.facebook.com/shinichi.ishikawa
 Facebookの「いいね」やTwitterボタンなどでひろめてくれると嬉しいです。

NEWS

NEWS 「川上りえ『CLOUD ROCK(くもいわ)』ART BOX」

2019.03.14
fullsizeoutput_42c

 

なぜ、今ここにいるのか?
という問に答えるのが苦手だ
なぜなら
人生について語らないといけないから

自分の記憶は曖昧で
多分、他人の記憶もそうだろう
曖昧な人間がつくった あいまいな世の中
気がつかない歴史がつくられる

そんなくらしの中で僕は石を集める
好きな石をサイドテーブルに置く
石は確実にある

石はたしかにある
記憶の目撃者
無言に隠された証明

時々、話題にしてますが僕は石を集めています。水石という分野の趣味で、川や山に石を採ってきて、加工せずに台を作ったり、水盤に置いて鑑賞する。水石の魅力はこの記事では書ききれませんが、そのひとつとして石の持っている「時間」がある。石を眺めて、自分が生まれるはるか前から存在していた石について、思いを巡らす。それはいい時間です。ただ、水石にあるのはいつも「過去」ではないかと思っている。

川上りえは1961年生。北海道を拠点とする美術家。千葉県生。多摩美術大学美術学部立体デザイン科〜東京藝術大学大学院。院終了後、北海道に移住。鉄を材に頑強な構造体の作品をつくり続けている。

本作品は僕には最初、静的な印象。だが、徐々に迫ってくる。刺激がある。ガラスを静かに突き抜けて駅構内に飛び込んでくる。駅に影響をあたえる。実態はガラスの中。影響は外=現実世界へ。

CLOUD ROCK(くもいわ)は僕に語りかける。なぜなら、金属フレームの岩は少しおしゃべりだ。現代的でスマートフォンとも相性が良さそうだ。これが多分、ガラスの中にある岩が、自然そのままの岩ならば、それはあまりに古典で過去の「遺跡」になってしまう。それはまるで水石のように。

川上りえによって金属のフレームの姿となり、現代的に再構築された岩。その結果、今の社会に語るべき「現代」「未来」をささやく、今の時代に生きるアート作品だと感じた。こういった作品がもっと公共的な場所にもっと展示されることを望む。なぜなら、そのフォルムは人の記憶にかたりかけるから。その記録がより良い社会をつくるだろう。

 

「川上りえ CLOUD ROCK (くもいわ)」
会期:2016/03/05(土) ~ 2016/05/31(火) 08:00~22:00
場所:ARTBOX(JRタワー東コンコース)

 

ishikawa

Text by メディアリサーチャー 石 川 伸 一 (NUMERO DEUX)
〜文化とアートとメディアについて考えて、書くのが好きです。
twitter.com/numeroo
https://www.facebook.com/shinichi.ishikawa
 Facebookの「いいね」やTwitterボタンなどでひろめてくれると嬉しいです。

NEWS

NEWS 「紙の本たち 紙を文化・芸術として語るこれから」

2019.03.08
fullsizeoutput_40c

帰り道 コンビニ前を歩く
透けてみえる雑誌ラック
ガラス越しに 見える最新の雑誌
その原料は木材繊維の束(パルプ)

紙の本や雑誌 もう何百年も在る
でも、インターネットの登場は
紙の役割を奪っていく スマホで読めればいい
どうすればいい??

昔からあるから守ろう
ではダメなんだ
人はそんなに優しくない(なれない)

「紙」っていいね と語れる
という表現(文化)をつくりだす
創造と編集が必要だと思う

 

紙の本が生き残るには、
紙である魅力が表現(説明)できればいいと思う
いいね!となればいい
その気持ちが文化になり紙の価値となる

平日の夕方、委員をしている観光・経済系の会議があり登別市役所に向かった。僕の住んでいる
鷲別町からは車で30分くらいかかる。温泉エリアは車でも1時間弱くらい。自分が温泉のまちに住んでいる実感がない。

住んでみてわかる、実感とは大事なこと。実感とは気持。住み心地に通じる。僕の住んでいる鷲別町はベッドダウン。室蘭市と隣接。静かなところが気に入っている。JR駅がそばにあるのも札幌へのアクセス上大変助かっている。静かな無人駅だが、よく利用する札幌行きの特急が止まる。

話を戻そう。登別市役所に近くには「アーニス」という地元のショッピングモールがある。会議の前に少し時間があったので立ち寄ってみた。入ってすぐの催事スペースで古本を売っていた。なんと無人で本はすべて100円。お金を入れる箱がある。郊外の畑にある野菜の無人販売のようなノリである。

出店しているのは白老にある「サイブックス胆振」というお店。いろいろ買取もやってくれるようですよ。応援したい。ウェブサイトはhttp://saibooks-iburi.com/

無人であることを除けば、スーパーの催事スペースでの古本販売というのは珍しくはない。しかし上写真のとおり「むじぼん」というネーミング。サインポスターのデザインの完成度の高さから、思わず目について本を見てしまう。

気持ちのいい見せ方。それがあれば紙の本の魅力を感じるし、これは文化だと思う。「文化として感じてもらう」これがとっても大切。その工夫があった。その工夫も楽しいのだ。

デジタルデーターではなく「実体」のある紙の本。だから、現実世界で歩いていてふと「出会う」。こんな体験ができるのは紙の本の良さだと思う。僕たちは多分、ネットだけでは生きられないから。現実の体験が必要になる。

今まで紙の本が「紙」であったのは、表現というより「都合がいいから」「便利だから」というのが大きかったと思う。その実用性だけで十分でもあった。しかし、インターネットが登場してスマホやタブレットという「読める」ライバルが登場した。

それらは重くてかさばる紙の本より便利でどんどん使い勝手もよくなっている。おそらく、単縦に情報を得る、作品を読むという目的なら紙の優位性はほんとんどない。これからの本は「表現」に移行しない限り生きてはいけない。

本を構成する「紙」のメディアの部分がは文化・芸術にシフトしていくことである。そんな難しい話ではない。先に紹介したスーパーでの魅力的なサインの催事コーナーでの無人本販売。これも「紙」の特性を生かして文化として現実化した試みだと思う。

古書店は古い本をいかにキュレーションして、文化としてみせていくかというのが課題になると思う。また紙の本を新たに作るなら「紙」であることが、単なる実用性だけではない「存在感」が必要だと思う。紙の大きさ、厚さ、色合い、手触りというネットにはない実体感がある。これを生かしたい。こう考えると「紙」は文化やアートの形で生き残る模索をしていきたい。

ishikawa

Text by メディアリサーチャー 石 川 伸 一 (NUMERO DEUX)
〜文化とアートとメディアについて考えて、書くのが好きです。
twitter.com/numeroo
https://www.facebook.com/shinichi.ishikawa
 Facebookの「いいね」やTwitterボタンなどでひろめてくれると嬉しいです。

«...234...10...»
ARTICLE

CATEGORY

LATEST ENTRIES

ARCHIVES

CLASSIC CONTENTS

website design by shie sato

SAPPORO ART & DESIGN MAGAZINE NUMERO DEUX 札幌 アート&デザインマガジン ニュメロデュー

copyright @ NUMERO DEUX allrights reserved.
top