ARCHIVES / ARTICLE

歩く前に。目の前に何があるの?

2020.04.12

84207140_2780606245354497_3812999075498819584_o

自分の思考的に歩く方向を考える。
東西南北。地下に空。答えを出せるのは自分だけ。

今回は、どうやって答えを出すのか、ということを
書きましょうか。

PART 1
——————————

あくまで「仮定」の話ですが。
あくまで「過程」の話ですが。
あくまで「家庭」の話ですが。
発音だけでは、どれだかわかりません。

僕たちは、そういう世界に住んでいて
「そういう」と書く時点で曖昧な訳です
白黒ハッキリできればいいのですけど、
それに挑戦すると大抵うまくいかないか、勘違いか

なぜなら、仮定も過程も家庭も
現実と内心をぐるりとまわり続ける
台風なのです。台風だから、時々「目」に入る。
その真空地帯は、空気を読まなくてもすむので、

そこで、勝負をかける方法はありますが、
結果は蚊帳の外。

PART 2
——————————
夢もいいですが、
今自分に一番大事なことはなんでしょう?
目の前にあるものを見つめましょう。
これは結構難題で。

ねぜなら、
僕たちは、目の前のものに目をそむけるのが、
好きなのです。
手が届いてしまうから。

届くものより、
届かないほうが楽しい場合がある
結論を伸ばせるから
人生100年時代ですから

でも、一番大切なのは10年後よりも、
今週、今日、そして今なのです。

 

81949387_2653248371423619_8343456129803616256_o

Text by  石 川 伸 一 (NUMERO DEUX)
メディアづくり まちづくり ひとづくり  をテーマに活動中。
twitter.com/numeroo
https://www.facebook.com/shinichi.ishikawa 
Facebookの「いいね」やTwitterボタンなどでひろめてくれると嬉しいよ。

REPORT

町内会を「なくす」という再生。

2020.02.23

my

空気が建物の間を抜けていく。
「まち」は現実に在る。
肉体が存在する限り、まちの存在に抜けきれない。

先日、登別市の環境講演会にて、メインの室工大生の佐野 湧樹さんの
前にお話をさせていただく機会をいただいた。

僕は環境問題とは、コミニュケーションの問題でもあるとも考えている。
そんな話をした。

講演が終わってあと、初老の方から、町内会を活性化する方法について質問された。
正直うまい回答ができなかった。多分、今もできない。
ただ、書いてみようと思う。

1. くりかえされる話。   

「町内会の行事に参加してくれる人が減っている、役員のなり手がいなくて困っている」。まちづくりに関わって、企画や会議。雑談の中で必ず聞く話題である。これについて。僕の考えを書いてみようと思う。期待をさせてはいけないから、最初に書いとく。特効薬はないと思う。あればとっくに使われていると思う。

ではどうするか。まずは、いきなり消極的でもう申し訳ないが「もういろいろやめてみる」という方法もあると思う。つまり、町内会のインフラに絶対に必要な機能(災害・ゴミ・福祉的なことなど)以外にやめる。つまり、お祭りなどのレジャー的な行事はやめてしまうこと。それもアリではないだろうか。

今までのお祭りを続けることは伝統を守る、という意見もあるかもしれない。でも、町内会における伝統というのはそのコミニュティ全体に多くの支持を受けないといけない訳で、世代交代もなく、ごく少数の昔からの役員だけで維持している伝統というのは、もう正しい在り方ではないのではないか。そう思うのだ。

町内会活動というのは、全員参加は無理でもある程度の参加してくれる人の規模感というのは一番大事なことで、行事というのは町内会のコミニュティ全体のコミニュケーションのために存在するのであって、それはもう無いのに継続するのは、本来の意味から外れているのではないか。

お祭りをするために町内会がある訳ではない。町内会全体の楽しみとして町民相互のコミニュケーションのため(コミニュティの維持)するためにお祭りが存在するのだ。だから町内会の大部分が不参加の行事を一部の人の頑張りで継続するのは僕は意義は少ないと思う。

すいません!その継続の意思は素晴らしいし尊敬はする。また少数で継続する事自体が無理なく、不満なく行われているなら続けるのもアリかと思う。ただ、それはもう町内会活動とが違う感じだ。個人の表現活動ではないか。

2.  ハードワーク、ハードプレイス 

繰り返そう。町内会のコミニュティ全体の交流にもつながらず、やっている少数の人も負担で後継者もいない、やめることも不可能ではない、ということなら、お祭りなどを「やめてしまう」のも僕はいいと思う。

続けるのは大事なんだけど、ごくごく少数の役員さんだけで必死に準備をして、おこなう、というのは大変である。例えば、夜店の食べ物を、自分たちでつくり、ゲームも用意する。屋台のためのテントを組み立て、照明などで飾る。準備、当日も大変だし撤収も大変だ。

年配の役員さんとお話する。昔はたくさんの人手があって。お祭りの「制作」にたくさんの人が参加してくれた。お祭りの日は、仕事を休みにしてくれる会社もあったという。女性も専業主婦の人が多く協力を受けやすかった。

町内会のお祭りは、人手が多く・かつ時間ををそのために全面的に提供してくれていることを大前提としている。人手もない、時間も提供されない環境の変化の中で、昔の方法論で現在も続けていると無理がきている。

町内会の問題を人にたとえるなら。町内会には「特効薬」はない。あるもは普段の食生活を変えていって「健康」を目指すことだ。だから、健康にわるい「お祭り」などの行事をやめてしまう、というのも僕はアリだと思う。

そういった話をさりげなくしてみると「屋台を楽しみにしてくれる人がいるから、やめられない」という意見があった。それは事実だろう。でも、その多くの人は、お祭りの存続自体には興味を持っていないと思う。お祭りの場をスーパーで買い物するのと同じ感覚なのではないか。

もちろん、町内会のお祭りを楽しみにしてくれることはありがたい。しかし、お祭りには「受け手」だけたくさんいてもしょうがない。受け手と送り手がまざって、双方向性があり交流を深めるのが祭りの機能ではないか。町内会活動ではなうか。ただ「屋台でモノを売る・買う」コト自体だけで完結しているなら、僕はあまりやっている意味はないと思うのだ。

3.  第3の選択。

繰り返しだが、町内会のお祭りとはビジネスではなくて、コミニュティの成長のためにあると僕は思っている。そこが機能不全になっていて、かつやっている人間が負担ならばやめるべきだろう。

ここまで書いて「やめろ」「やめろ」と書く自分にウンザリしてくる。矛盾するけど本当だ。僕は町内会の行事は基本的にはやるべきだと思っている。ただ、ごく少数の人のがんばりだけでかろうじて成立しているなら、それは一度やめてもいいと思うのだ。

永久にやめろという話ではない。現に、年一度のお祭りやめたが、復活させたという町内会の事例も聞く。「毎年続けていることの意味がある」ということは町内会ではあまり意味はないと僕は考える。

町内会行事で一番大事なのは、その制作に多くの住民がかかわっているという点が一番大事でなのだ。そこで交流が生まれ、まちが作られる。それがなければ、なんのためのお祭りだろう??

町内会の復活させるのは大変だ。すこし声をかければ人がくる、という時代ではない。このことまずしっかり認識しないといけない。加えて町内会の行事は無理に続けるものではない、という2点を認識する。そのうえで「やめてしまう」ということも前向きに考えてみる。

4.町内会のリニューアル、クリアランス。

また「継続する」と進めたいなら、昔の良い記憶はすべて消去する。そして、人手は簡単にはあつまらないことをしっかり認識する。その上でどうすればいい考える。

話し合いの中で否定はやめませんか?新しい考えを賛成していく形で、新しい町内会を考えてみる。考えるだけなら、どんな案だっていい。ロスがある訳ではない。

まず、情報共有をしっかりする。回覧板という方法は僕はいいと思う。まず、回覧板は必ず町内会全員にまわすようにする。そのうえで頻度と内容をしっかり考える。どうすれば町内会

ちいさなあつまりを定期的に企画してみてはどうだろうか?自由に使える町民会館のようなところがあれば一番いい。こどもつれてこれるような場所にする。誰でもきて話ができるような場所にする。「町内会と防災」といった今ふうのテーマもいいかもしれない。

特別なセッティングはいらない。お茶ぐらいの用意があれば十分だ。見学に来るだけでもいい、無理にお話をする必要もない。お茶だけ飲んでてもいい。そんな場所を作ったらどうだろうか?

なにかを自発的にする、という動機はすべてコミニュケーションの「深さ」からははじまると。
コミニュケーションの深さというのは突然できる訳はない。日々の積み重ねる

町内会の活動の負担は無理に平等にする必要はない。なぜなら、人の生活スタイルが違うからだ。
みんなちがうのだ。そこに無理に平等に理屈うぃおねじ込んではいけない。もちろん、積極的にたくさんやりたい人にはやらせてあげる。

少ししかできない人には、
その少しだけで協力することが後ろめたくない仕組みをしっかり用意すべきだである。
こういったことが実はすごく大事。

インターネットも活用も考える。今、ネット時代の過渡期であって、使う世代おt使わない世代で情報について断絶ができている。この点が一番大変な部分である。ネット世代は、スマホを駆使して
自分たちのコミニュティをつくる。その点をスマホを使わない世代の空白を埋める必要はある。

回覧板はあっていいと思う。加えて、ネットでの情報発信も考えて、それができる人を町内会の役員にすることも考えないといけない。また、高齢な方もスマホを使うことを検討してほしい。スマホを少し前までは、月々のコストが最大の問題であったが最近は月4千円程度のものが出てきてる。買物・支払・旅行の予約・映画や音楽を楽しむ…スマホこそ高齢者の方の利点が多いと思う。

町内会の若者が、高齢の方にスマホの使い方を教える、というちいさな会合があってもいいと思う。それって素敵だと思う。

自分がリタイアした時のために、いい町内会を
用意しておきませんか?
2020年登別市市制施行50周年記念 令和元年度第2回環境講演会
「個人が主役になる!これからの環境への取り組み~
クラウドファンディングを生かした環境美化活動~」
講演者 佐野 湧樹 石川伸一
2020年2月20日(木)18:00 -
クリンクルセンター1階市民ギャラリー

Text by  石 川 伸 一 (NUMERO DEUX)
メディアづくり まちづくり ひとづくり  をテーマに活動中。

プロフィール:https://about.me/shinichi_ishikawa
SNS:https://about.me/shinichi_ishikawa twitter.com/numeroo https://www.facebook.com/shinichi.ishikawa 
Facebookの「いいね」やTwitterボタンなどでひろめてくれると嬉しいです

REPORT

「モリヒコ」がなかったら…

2020.02.11

IMG_0624

MORIHICO.CEOでありアートディレクター市川草介氏は珈琲を愛する。そして常に「準備」ができてる人だ。それは「居心地のいい空間のアイディア」のこと。だから素早く動ける。「森彦」が「MORIHICO.」となり、カフェの展開、レストラン、ホテル、他空間のディレクションなど休むことのないスピード感は、そのシンプルに深い心情に集約できる。効率の人ではなく魅力的な非合理も愛せる人でもある。だから空間が光る。共有したいひとである。だから人が集まる。本の内容は、プロフィール、1号店誕生から現在までの成り立ち、写真を使ってのカフェの美意識のコトバ、そして世界的な視点でのカフェビジネスについて読みやすく書かれている。カフェについての読み物としてもおもしろいし、分野を超えて愛される「なにか」をつくりたい、という人にもおすすめしたい。

市川草介著『カフェがなくなったら・・・』
【発売元】現代書林
【仕様】四六判ソフトカバー200ページ(内96ページはカラー)

以下のMORIHICO.のオンラライン・ショップなどで購入できます。
https://morihiko-ec.shop-pro.jp/?pid=145653556

 


Text by  石 川 伸 一 (NUMERO DEUX)
メディアづくり まちづくり ひとづくり  をテーマに活動中。

プロフィール:https://about.me/shinichi_ishikawa
SNS:https://about.me/shinichi_ishikawa twitter.com/numeroo https://www.facebook.com/shinichi.ishikawa 
Facebookの「いいね」やTwitterボタンなどでひろめてくれると嬉しいです

«...234...10...»
ARTICLE

CATEGORY

LATEST ENTRIES

ARCHIVES

CLASSIC CONTENTS

website design by shie sato

SAPPORO ART & DESIGN MAGAZINE NUMERO DEUX 札幌 アート&デザインマガジン ニュメロデュー

copyright @ NUMERO DEUX allrights reserved.
top