ARCHIVES / COLUMN

REVIEW

美術史の字間 No.180104「フラ・アンジェリコ キリストの嘲笑(1441-43年頃) 」

2018.01.13

キリストの嘲笑

現代美術が好きな僕の美術史の話。

成人式の「式」って、なんだろう?と思う。要するにイベント。それは人の興味を惹きつける。同時に面倒臭ささを感じさせる時もある。感じ方は人次第。僕達の人生の中で「イベント」というのは、大きな割合を占めるのではないか。それにのるか、のらないかの選択を僕達は求めらている。

さて、二回目です。本コラムの趣旨については、前回を参考にしていただければ幸いです。まぁ、上のタイトルとおりです。美術史について、作品紹介を中心に書いていきます。

さて、前回につづいてフラ・アンジェリコの作品です。本当は別の人にしたいと思ったのですが、この作家はやはり興味深い。制作された時代の作家にふさわしく、主題はキリストであり。作家自身も僧侶なのできっと生真面目な人だと思う。そのストイックさから独自の個性が出ているが興味深い。それは、前回紹介した「受胎告知」も、スッキリとした構図の中に可愛らしいも感じる色使いで天使とマリアが描かれている。

さて、本作も聖書の話が主題の作品。聖書ではこうです。逮捕されたキリストが、長老や学者、民衆らに「おまえは神の子か?」と問いつめられ、唾を吐きつけられたり、目隠しをされたり、棒でなぐれらるという「仕打ち」を受けます。その様子が描かれている。

本作はキリストの顔のまわりに注目。先に書いたキリストの受けたひどい「仕打ち」が、静的な絵画の中で、動的に描かれる。これを観た人はまるで「映画」のように、これらのひどい仕打ちを受けことを想像するのではないか。

「絵画」という静的な中に突然現れた「時間軸」を感じさせる、唾をかける男(の首)、叩く棒、透けている目隠し。それらのタッチの持つわかりやすいさは、より本作を奇妙な印象を与えること成功している。でも、その奇妙さは作家の意図したものではないだろう。

今から500年以上前にこんなアイディアを思いついたジェリコの発想には感心する。それも、あくまで生真面目に聖書のシーンを再現しようとした結果ということも僕に深く心に残る。フラ・アンジェリコは興味のつきないアーティストである。

キリストを嘲笑する「イベント」に参加した人々。
昔からイベントには、いろいろな意味があり、表現もされ続けるだろう。

ishikawa
Text by  メディアリサーチャー石 川 伸 一 (NUMERO DEUX)


 

 

REVIEW

映画の琴(コト)No.180103「ニューイヤーズ・イブ」

2018.01.12

nye

「ニューイヤーズ・イブ(2011)」

わかりやすさと優しさの重なり。

僕の大晦日の夜といえば、いつものように12時前には寝てしまう。大晦日は、なぜかまわりのお店が早く閉まる日という印象。そこにポリシーがある訳ではない。でも、考え直した。来年の大晦日はもっと特別な気分でいようと思う。そんな作品に出会いました。
特別な日を楽しむことは、人生を楽しむこと。こんな僕でもノリが良いほうが生活は楽になることはわかっている。

舞台は現代のニューヨーク。その街のニューイヤーズ・イブ=大晦日の新年のカウントダウンを描いた作品。安心するホッとする作品でした。

本作を観るとアメリカでも新年のカウントダウンって、凄いもりあがるんだなぁと感動。その「大盛り上がり」の夜を舞台に、いくつかのエピソードが同時並行で進んでいく内容です。キャストは多彩。僕の知っているところだとジョン・ボンジョビ、サラ・ジェシカ・パーカー、ロバート・デニーロが出演しています。そうそう、ミシェル・ファイファーも地味な役なんだけど良かったなぁ。

特別に刺激的な作品ではないですが、ニューヨークという「街」がとても魅力的に撮れていると思う。それに、同時並行で進んでいくさまざまなストーリーも、わかりやすいので安心して観ていられる。大晦日を舞台にわかりやすさと優しさが、重なりあっている雰囲気は「また、年末みようかな」という気分なる。

僕は来年の大晦日の予定を考えることにします。
これでも特別な日が好きなんです。

ishikawa

Text by  アート/メディア  リサーチャー 石 川 伸 一 (NUMERO DEUX)

REVIEW

NEWS No.180102「PARKERパーカー JOTTER フライター シャープ・ペンシル(0.5mm)」

2018.01.10

IMG_8616

「書く」のと「入力」することは、
内容に影響を与えるのか?

お正月休みは静かに終わる。まるで、雨の日の涙のように…みなさまおかがお過ごしでしたでしょうか??僕はぼんやり過ごしました。おそこから、がんばって記事を書いてみました。

デジタル時代の今ですが、ここ10年くらいは、アナログな文房具も再評価されている気がします。

今でも手帳売場は文房店にとってはシーズンにはいい時期に置かれてますし「ほぼ日手帳」というヒット作もあります。モールスキン等の紙ノートやロディアのメモ帳も人気です。

こうしたアナログ文房具の存在は、デジタル時代でも、まだまだ大丈夫かなと思ってます。という訳で、今年は時々、僕のおすすめ文房具を思いつくまま紹介していきたいと思います。それも、インターネット通販で入手できるものにします。

ネット時代になって良かったな、と思うのは高級文房具が、いろいろ選べて、しかも安いということです。今、まちの文房具専門店がなくなっていくし、スーパー等の文房具店では、物足りない僕には嬉しいことです。

さて、今回は、シャープペンシルをひとつ紹介しましょう。一般的には高級感があるのは製図用が多いですね。それはそれで、大変魅力的なのですが、クリエイティブな現場ではともかく、通常のビジネスシーンや、かちっとしたプライベート、つまり簡単にいえば「スーツ」を来ているの場面では少し合わない…という時に、値段も手頃で、存在感のいいものを紹介します。実はシャープペンシルというのが難しい。ボールペンや万年筆のほうが選択肢がある。

おすすめるのが「PARKERパーカー JOTTER フライター シャープ・ペンシル」です。パーカーはイギリスの会社で、世界的に代表的な筆記具ブランドにひとつです。その中で本シャープは1000円程度でネット通販で入手できます。

全体が金属製ですが、細いので重くありません。シンプルなデザインに、クリップ部分がパーカーのマークになっているのが良いアクセント。これなら、普通のビジネスシーンや、スーツを着るようなプライベートに違和感のないものです。

お役に立てば幸いです。
 

ishikawa

Text by  メディア・リサーチャー石 川 伸 一 (NUMERO DEUX)

 

 

123...10...»
COLUMN

CATEGORY

LATEST ENTRIES

ARCHIVES

website design by shie sato

SAPPORO ART & DESIGN MAGAZINE NUMERO DEUX 札幌 アート&デザインマガジン ニュメロデュー

copyright @ NUMERO DEUX allrights reserved.
top