OTHERS

「 リトルプレス絵本『くものもくもくん』をつくる」<2.プレ発表〜NEVER MIND THE BOOKSに出店>

2018.02.22

IMG_8900
▲ 絵本「くものもくもくん」ストーリーは、「くものもくもくん」と「ことりさん」との会話で進んでいく少し不思議 なお話(A5サイズ・オールカラー26ページ・2017年10月発行)。リトルプレス(自主制作の小規模出版)です。作家は室蘭在住です。


はじめに。

「絵本を自分でつくりたい」という人むけの記事です。

僕はメディアに関する活動をしております。最近の活動のひとつとして室蘭在住の絵本作家「ちなころ」さんらのリトルプレス絵本「くものもくもくん」編集・制作とPRのためのイベント出店のプロデュースをさせていただきました。その体験は、絵本を自分で作りたい!という方に参考になりそうでしたので、5つの記事にわけて書いていこうかと思います。以下まだ書きかけの内容になります。ご了承くださいませ。

本記事は以下5つの記事になっています(リンク先今制作中です)

<1.はじまり〜制作>
<2.プレ発表〜NEVER MIND THE BOOKS出店> ……..この記事です。
<3.宣伝を考える(1)>
<3.宣伝を考える(2)>
<3.宣伝を考える(3)>
<4.イベント制作〜準備(1)>
<4.イベント制作〜準備(2)>
<4.イベント制作〜準備(3)>
<5.イベント出店〜当日(1)>
<5.イベント出店〜当日(2)>
<5.イベント出店〜当日(3)>

<2.プレ発表〜出店>

1. NEVER MIND THE BOOKS
自主制作の発行日を守るには?ちいさなコツ。

ちょうど制作をしている時に、札幌でのリトルプレスの出品イベントNEVER MIND THE BOOKS 2017  の開催日が告知されていました。ちょうどいいタイミングでしたので、これに出品することを予定して制作を進めました。

自主制作というのは、締め切りが無いようなもの場合が多いです。これはメリットは時間がかけられる、というのありますが、そのために「いつまでも完成しない」という最大のデメリットにつながる可能性が多々有ります。だから、自主制作でも「締め切り」は絶対に決めたいところです。そして、それは致命的な問題がないかぎり変更しない、という心構えが、僕は一番大事だと思います。

異論もあるかと思います。「100%納得するまで、締め切りは伸ばせばいいのではないか?」。という考えもあるかと思います。でも、僕はそれには反対です。なぜなら僕は自分のクリエイティヴに関しても100%の確信を持って世の中に出したことはありません。100%納得するには、100%の内容を「定義」しないといけません。そんなことは僕にはできませんでした。

たとえ、できたとしてもその100%の普遍性をずっと保証できる訳でもありません。その時ベストだと思って作ったものが1年後にはそうでもなかった、という経験は僕にはありました。だから、僕は70%くらいの確信があれば、発表をしてみて世の中の反応をみるのが大事だと思ってます。世の中の反応を知るのも重要なクリエイティヴなのです。

話を戻しましょう。締め切り日を守るには、自分の意思だけではなく、加えてなにか外部的な目標があったほうが制作がスムーズに行くかと思います。今回、それが冒頭に書いたリトルプレスの出展イベントNEVER MIND THE BOOKS に参加することだったのです。

大通公園にある札幌の有名観光スポットTV塔にある貸しスペースで開催されるこのイベントでは、1日、出展者にはブースがあたえられて自由に自分の作品紹介や販売することができます。ただ、「くものもくもん」は作品がひとつしかありません。ひとつだけ紹介・販売というのはさびしい感じがします。そういう部分も考えるのも大事なところです。もちろん、人の目を惹くために小型のイーゼル等をつかってサインボードやポップを作ったり、というのはおこなうとして、もう一工夫ほしい。

作家はアクセサリーづくり等もできる人だったので、絵本と一緒にオリジナルの「くものもくもくん」グッズも作って販売をすることを勧めました。

2.絵本のために世界観をつくる。
  そのためのグッズやイベントを考える

このグッズもつくる、というのちいさな、そして同時に大きなアイディアでもありました。なぜなら「くものもくもん」を単なる絵本として捉えず「くものもくもくん」というキャラクターや世界観(イメージ)をグッズやイベントで展開して、結果的に「絵本」につなげるのがいいと思いました。絵本というよりも「くものもくもくん」というキャラクターでお客さんとコミュケーションするのです。「くものもくもくん」を絵本の中に閉じ込めずブランド化するのです。お客さんは「くものもくのくん」を絵本以外の世界から入ることになるのです。

IMG_8961
▲ NEVER MIND THE BOOKSでの出品の様子(2017.10.1)
        絵本とそのグッズと一緒に展開した。

IMG_8960
▲ オリジナルグッズのひとつ「くものもくもくん」フェルト製。


IMG_8900
「くものもくもくん」(A5 サイズ / オールカラー26ページ)
絵本 / リトルプレス / 2017年10月発行
instagram
https://www.instagram.com/moku_mo_kun/?hl=ja
minne 販売サイト
https://minne.com/items/11744794

★本記事のお問い合わせはQZJ12432@nifty.comまで。
#絵本#リトルプレス#絵本#絵本作り#絵本作り方

ishikawa

Text by
アート・メディアライター  石 川 伸 一 (NUMERO DEUX)

 

 

 

 

 


COLUMN

CATEGORY

LATEST ENTRIES

ARCHIVES

website design by shie sato

SAPPORO ART & DESIGN MAGAZINE NUMERO DEUX 札幌 アート&デザインマガジン ニュメロデュー

copyright @ NUMERO DEUX allrights reserved.
top