「 絵本『くものもくもくん』制作とマネジメント」<4.イベント制作〜準備(2)>

2018.02.24

meその2IMG_8900
▲ 絵本「くものもくもくん」
ストーリーは「くものもくもくん」と「ことりさん」との会話で進んでいく少し不思議 なお話(A5サイズ・オールカラー26ページ・2017年10月発行)。リトルプレス(自主制作の小規模出版)です。作家は室蘭在住。

はじめに。
「絵本を自分でつくりたい」という人むけの記事です。

僕はメディアに関する活動をしております。最近の活動のひとつとして室蘭在住の絵本作家「ちなころ」さんらリトルプレス絵本「くものもくもくん」編集・制作とPRのためのイベント出店のプロデュースをさせていただきました。その体験は、絵本を自分で作りたい!という方に参考になりそうでしたので、5つの記事にわけて書いていこうかと思います。以下まだ書きかけの内容になります。ご了承くださいませ。

本記事は以下5つの記事になっています(リンク先今制作中です)

<1.はじまり〜制作>
<2.プレ発表〜NEVER MIND THE BOOKS出店>
<3.宣伝を考える(1)>
<3.宣伝を考える(2)>
<3.宣伝を考える(3)>.
<4.イベント制作〜準備(1)>

<4.イベント制作〜準備(2)>……この記事です。
<4.イベント制作〜準備(3)>
<5.イベント出店〜当日(1)>
<5.イベント出店〜当日(2)>
<5.イベント出店〜当日(3)>

 

1.参加イベントまでの制作
「音楽隊」をどうするか??

前回の記事では、2月に開催されるイベント参加のための制作の方針について書きました。読み聞かせは紙芝居にするのは決めました。これに関しては、制作の方法はみえてます。絵本のデーターをネットの安い出力サービスでB2サイズにしてもらう。ただ、それだけではペラペラですから、なにかに貼る必要があります。思いつくのは、ハレパレという糊がついているパネル素材。これが一番簡単です。その方向で考えてみました。まぁ、ゴールは大体みえてます。

問題は紙芝居と一緒にやる音楽隊でした。これをどこまでやるか?を決めないけません。具体的な曲名と曲数ですね。これを決める過程はいろいろあったのですが、最終的にはジブリの曲、ディズニーの曲、ピタゴラスイッチのテーマに落ち着きました。オカリナ、リコーダー、ギターという編成です。僕は思うのはミニライブでも、それをやるなら音楽に演奏者として技術とライブのキャリアのある人がいないとダメだなということです。そうじゃないと、案は作れても人前で見せるものをつくっていくのは難しいということです。小規模でもライブをやる場合は、経験や技術のある人が、最悪その人たちだけでもライブが成立できるような体制を作らないといけないと思いました。たとえ簡単といえる曲でも人前で演奏することに取り組むことは時間がかかるということがわかりました。

2.「くものもくもくん」のテーマを作家ちなころが作った!
  絵本のテーマ曲があるのが凄くいい。

ライブについてのやりとりを、メール等でいろいろやっているうちに、作家のちなころが「もくもくんのテーマを作りました!」といって、オカリナでの曲を聞かせてもらいました。とっても易しい曲ですが、とっても良い曲でした。これは僕にでも演奏できそうですし、ライブでやることはすぐ決めました。これは作家ちなころの忙しい中でのまったく自発的な提案で、少しびっくりしました。でも、それは嬉しいびっくりでした。絵本にオリジナルテーマ曲があるのは作品に立体感が出て凄くいいですし、紙芝居とライブをやることにつながりが感じられるのもいいかと思います。こうした、オリジナルの音源はどんな場所でも使えるのもメリットがあります。そして、この曲に後日には歌詞が生まれて、そして「くものもくもくん体操」というパフォーマンスが生まれます。そこを考えるとテーマ曲の発案は紙芝居イベントを、より良い方向に進めた偉大な一歩だったと思います。

3.リハ、リハ、リハ
紙芝居イベントの内容が決まれば、リハーサル。

制作がいろいろまわりはじめたのが年明け。イベントは2月中旬です。関係者は、それぞれ仕事やプライベートがある中、打ち合わせやリハーサルを進めないと行けません。その場合、まず一番大事なのは「場所」なんです。今回のケースでは、ミーティングだけではなく、紙芝居+ライブのリハーサルもできないといけません。リハとなると、スペースを借りないといけないかな、と考えました。と思っていた時、メンバーのひとりが夜、自宅のリビングを提供できる、という大変ありがたいお話しをいただきました。行ってみると、そのご自宅は大変立派なリビングがあって5人のメンバーが打ち合わせや、リハが可能な広さがありました。それから、週に1〜2回、18時から21時くらいまで、それぞれが簡単な食事をコンビニ等で買って、打ち合わせやリハをおこなう日々がはじまりました。

<4.イベント制作〜準備(3)>に続きます。

書きかけの記事です
続きをお楽しみに。

 

IMG_8900
「くものもくもくん」(A5 サイズ / オールカラー26ページ)
絵本 / リトルプレス / 2017年10月発行
instagram
https://www.instagram.com/moku_mo_kun/?hl=ja
minne 販売サイト
https://minne.com/items/11744794

★本記事のお問い合わせはQZJ12432@nifty.comまで。
#絵本  #リトルプレス  #絵本   #絵本作り  #絵本作り方

ishikawa

Text by
アート・メディアライター  石 川 伸 一 (NUMERO DEUX)

 

 

 

 

 


COLUMN

CATEGORY

LATEST ENTRIES

ARCHIVES

website design by shie sato

SAPPORO ART & DESIGN MAGAZINE NUMERO DEUX 札幌 アート&デザインマガジン ニュメロデュー

copyright @ NUMERO DEUX allrights reserved.
top